逆転裁判 【ぎゃくてんさいばん】
ゲームボーイアドバンスト 【GBA】
Reversal Judgment (gyakuten' saiban')
Gameboy Advanced
FAQ/Walkthrough
Japanese EUC Encoding
By: Aryuze RV
E-mail: <p_softjp@yahoo.co.jp>
Version 1.00
Last Up: 11/02/02


+-=-=qwertyuiopasdfghjklzxcvbnm`1234567890-=[]\;',./~!@#$%^&*()_+{}|:"<>?=-=-+
<-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- 78characters -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=->


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
目次
Contents
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. Basic Knowledge Part
   1a. Overview
   1b. Menus
2. Episode 1  The First Reversal
3. Episode 2  Reversal Sisters
   3a. Detective Part, Day 1
   3b. Courtroom Part, Day 1
   3c. Detective Part, Day 2
   3d. Courtroom Part, Day 2
4. Episode 3  Reversal of Tonosaman'
   4a. Detective Part, Day 1
   4b. Courtroom Part, Day 1
   4c. Detective Part, Day 2
   4d. Courtroom Part, Day 2
   4e. Detective Part, Day 3
   4f. Courtroom Part, Day 3
5. Episode 4  The Reversal, And Then Goodbye
   5a. Detective Part, Day 1
   5b. Courtroom Part, Day 1
   5c. Detective Part, Day 2
   5d. Courtroom Part, Day 2
   5e. Detective Part, Day 3
   5f. Courtroom Part, Day 3
6. Story Summary
   6a. Episode 1
   6b. Episode 2
   6c. Episode 3
   6d. Episode 4
7. Glossary
#. Update History



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
基礎知識編
1. Basic Knowledge Part
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1a. Overview

Recommended Viewing.
JWPce: a Japanese Word Processing Program
Character Set: EUC-JP
Display and ASCII Font: MS Mincho
Font Size: 16 pixels
Line Width: Fixed, Size 37

This game is like a Detective Adventure + Courtroom Battle game.  The game is
composed of four episodes, each with a different murder mystery.  You play the
role of the rookie lawyer, trying to defend your falsely accused client.  The
game is divided in two parts, the Detective part and the Courtroom part.  In
the detective part, you search for evidence to use later on in court.  In the
courtroom part, you use the evidence from the detective part to show the
contradictions in the witness' testimony.  During the courtroom part, you
have 5 lives in the form of exclamation points.  If you make a mistake, then
you lose one life.  If all lives are gone, then your client will be guilty
as charged, and it is game over.

Controls

Control Pad: Move the cursor in eight directions
B: Cancel button
A: Confirm button
L: Shake witness
R: Thrust evidence at someone
Select: Not used
Start: Quick Save.  Saves the game at the current spot.  Use this feature
before making a tough decision to save lives.


1b. Menus

はじめから From the Beginning
つづきから Continue
├中断したところから From the last save spot
└この章のはじめから From the beginning of the chapter

調べる Search
移動する To Move
話す Speak
つきつける Stab Evidence At
ゆさぶる Shake Witness
記録する Save the game

成歩堂 龍一 【なるほどう りゅういち】 24歳
本編の主人公で新米弁護士。

裁判官 【さいばんかん】 年齢不明
審理で有罪か無罪の判決を下す謎の人物。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第一挿話 初めての逆転
2. Episode 1  The First Reversal
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

探偵編はない

8月3日 午前9時47分
地方裁判所 被告人第2控え室

準備OK
×:罰があり選択
△:罰がない選択
◎:最善選択
→:法廷編では「くらい!、待った!、異議有り!」


法廷編

8月3日 午前10時
地方裁判所 第2法廷

1。まず、この事件の被告人の名前を。
‥‥言ってみなさい。

△ 成歩堂 龍一
◎ 矢張 政志
△ 綾里 千尋

2。答えてもらいましょう。
この事件の被害者の名前は?

△ 綾里 千尋
△ 日高 友加
◎ 高日 美佳

3。被害者の死因は‥‥?

△ 毒を飲まされた
◎ 鈍器で殴られた
△ 首を締められた

4。(‥‥どうしよう?)

△ ようすを見る
◎ 答えさせない

5。(どうしよう‥‥)

◎ 正直に答えさせる
△ 答えさせない

6。山野に尋問 〜事件の当日、目撃したこと〜

「勧誘しておりましたら、とある
部屋から、男が出てきたんです。

男はあわてていて、ドアを半開きに
したまま、行ってしまいました。

おかしいと思いまして、私、部屋を
のぞいてみたんでごさいます。

すると、なんと、女の人が
死んでいるじゃございませんか!

私、腰が抜けてしまいまして。
怖くて、部屋に入りませんでした。

私、すぐに警察を呼ぼうと
思ったでございます。

でも、彼女の部屋の電話は
通じませんでしたので、

それで、近くの公衆電話から
通報いたしました。

時間はハッキリ覚えてます。
お昼すぎの、2時でした。→つきつける:「高日 美佳の解剖記録」

逃げた男は、間違いなく、
そこにいる被告の方でございます。」

7。山野に尋問 〜死体を発見した時間について〜

「死体を見つけたとき、時間が
聞こえてきたんでございます。

あの音、時報みたいな感じで‥‥。
たぶん、テレビだったと思います。→つきつける:「停電記録」

あ、でも、時報にしては、
2時間もズレていたんですよね?

たぶん被害者の方は、ビデオを
見ていたのではないでしょうか。

その音を聞いたから、2時間だったと
思い込んでしまったんでしょうね。

どうも、ごメイワクを
おかけいたしました‥‥。」

8。山野に尋問 〜《時間を聞いた》ことについて〜

「やっぱり、“聞いた”のではなく、
“見た”んでした!

現場には、置き時計が
あったじゃないですか。→つきつける:「置物」

ほら、犯人が殴るときに
使った凶器ですよ。

おそらく、アレで時間が
わかったんだと思います‥‥。」

9。‥‥山野さんの証言について、
もう問題はないかね?

△ もうない
◎ まだある

10。なぜ、証人が時計のことを
知っていたか?それは‥‥

◎ 事件当日、部屋に入ったから
△ 被害者と知り合いだったから

11。それを証明することは、
カンタンだと思います。それは‥‥

× 時計の電池を調べる
× 隣室の住人に聞き込みする
◎ 時計を鳴らしてみる

12。あの時計がなぜ、2時間
遅れていたか、わかる?

◎ はい
△ いいえ

13。では、時計が遅れていた理由を示す
証拠品を提示してもらいましょう!→「パスポート」

無罪判決

8月3日 午後2時32分
地方裁判所 被告人第2控え室

彼女の気持ちがわかる証拠をみせてあげて→「置物」

結論:真犯人は山野 星雄


人物ファイル

綾里 千尋 【あやさと ちひろ】 27歳
綾里法律事務所の所長。
ぼくの上司で、
ヤリ手の弁護士。

高日 美佳 【たかひ みか】 22歳
事件の被害者。
マンションで一人暮らし
していた、モデルさん。

矢張 政志 【やはり まさし】 23歳
この事件の被告人。
ぼくの同級生で、
にくめないヤツだ。

亜内 武文 【あうち たけふみ】 52歳
この事件の担当検事。
押しが弱く、なんとなく
パッとしない男。

山野 星雄 【やまの ほしお】 36歳
死体の第一発見者。
新聞勧誘員で、現場で
矢張を目撃してる。


証拠品ファイル

【弁護士バッジ】
これがないと、
誰もぼくを弁護士と
みとめてくれない。

【高日 美佳の解剖記録】
死亡時刻は、7月31日
午後4時以降5時まで。
鈍器による一撃で失血死。

【置物】
《考える人》の形を
かたどった置物。
かなり重い。

【パスポート】
事件の前日7月30日に
ニューヨークから帰国
しているようだ。

【停電記録】
事件当日の午後1時から
6時過ぎまで、現場の
マンションは停電だった。

初めての逆転完



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第二挿話 逆転姉妹
3. Episode 2  Reversal Sisters
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

探偵編 一日目
3a. Detective Part, Day 1

9月5日 午後9時08分
綾里法律事務所

移動する→「所長室」

調べる→所長。証拠品「考える人」と「ガラスの破片」のデータが記録する。

調べる→床の紙切れ。証拠品「領収書」のデータが法廷記録にファイルする。

Lボタンで視点を変更する。

調べる→電話。隣の目撃者が叫ぶ。

移動する→「綾里法律事務所」。和服の女の名前が綾里 真宵と分る。

つきつける→「領収書」。刑事課の糸鋸が現れる。真宵が緊急逮捕されちゃう。

9月6日 午前9時07
留置所 面会室

え。そ、それは‥‥(真宵の弁護士になること)

△ きみしだいだよ
◎ もちろんそうだよ
△ それはゴメンだね

話す→「真宵のこと」。彼女は修行中の霊媒師のことが分る。

話す→「事件当日のこと」。新しい項目が現れる。

話す→「携帯電話」。「真宵のメモ」のデータが記録する。

話す→「霊媒師」。きゃりあうーまん。やっぱり千尋の霊を呼びだすことが無理。

弁護士の頼みをどうしよう‥‥?

◎ 引き受ける
△ 断る

移動する→「綾里法律事務所」

えーと。
そういうあなたはたしか‥‥

◎ イトノコ刑事
△ カメノコ刑事
△ ノコノコ刑事

つきつける→「真宵のメモ」。怪しい者め!

(うわあ‥‥。どうしよう!)

△ 正直に話す
◎ ごまかす

「真宵の携帯電話」を貰う。

話す→「千尋さんのこと」。証拠品「綾里 千尋の解剖記録」のデータを法廷記録
にファイルする。

話す→「真宵のこと」。今回の検事は御剣 怜侍と判明する。目撃証人は隣の
ホテルにあることも分る。名前は松竹梅世。

話す→「御剣検事」。まさか、知らないなんてこと、
ないッスよね?

◎ もちろん知っている
△ もちろん知らない

移動する→「板東ホテル」

調べる→ドライバーが挟まっている引き出し。梅世は怒りだす。

話す→「目撃したこと」。聞きたかったら、明日の法廷にこいと言われる。

移動する→「星影法律事務所」

話す→「依頼を断る理由」。まともの弁護士じゃ引き受ける依頼ではないと分る。

話す→「千尋さんのこと」と「絵のこと」

移動する→「留置所」

9月6日 午後3時42分
留置所 面会室

つきつける→「真宵の携帯電話」

話す→「事件当日のこと」と「家族について」

話す→「母について」→「母を破滅させた男」

(この子を見捨てて、このまま帰るのか?)

△ このまま帰る
◎ 真宵の弁護をする

どうしてって?‥‥それは、

◎ 放っておけないから
△ 犯人は他にいる
△ 自分でもわからない

移動する→板東ホテル。ボーイと出会う。調べる→引き出し。証拠品
「盗聴器」のデータを記録する。探偵編の終わり。


法廷編 一日目
3b. Courtroom Part, Day 1

9月7日 午前10
地方裁判所 第1法廷

1。証拠品「上面図」を貰う。

2。糸鋸に尋問 〜綾里 真宵を逮捕した理由〜

「自分は、電話の通報で事件を知り、
現場へかけつけたッス!

現場には、
2人の人物がいたッス。

被告人の綾里 真宵と、
弁護士、成歩堂 龍一。

自分は迷わず、
綾里 真宵を逮捕したッス!

その理由は! 通報者の
目撃証言があったからッス!→ゆさぶる

その通報者は、綾里 真宵の
犯行の瞬間を見ていたッス!」

3。糸鋸に尋問 〜動かぬ証拠〜

「容疑者をカクホした自分は、
次に、この目で現場を調べたッス。

そして死体のそばで、
メモを見つけたッス!→ゆさぶる:だ、誰、がって‥‥

 ◎ 犯人
 △ 梅世
 △ ぼく

あきらかに血で“マヨイ”と
書いてあったッス!

化学分析の結果、この血は、
被害者のものに間違いないッス!

そして、被害者の指には血が
ついていたッス!

被害者は死ぬ前に、
犯人の名前を書き残したッス!」→つきつける:「綾里 千尋の解剖記録」

 い、いつ‥‥って‥‥(解剖記録はいつ手に入れたの?)

 △ 事件の当日
 ◎ 事件の翌日
 △ 忘れた

4。何か、言いたいことでも?

◎ 御剣はインキチだ
△ 刑事はインキチだ
△ 自分はインキチだ

5。解剖記録のデータは更新させる。

6。どうしますか? 弁護人。
‥‥《尋問》をしますか?

◎ もちろんする
△ やめておく

7。梅世に尋問 〜事件の当夜、目撃したこと〜

「あれは、夜の9時ごろでしたぁ。
梅世、窓を見たんです。

そうしたら! 長い髪の女の人が
お、おそわれてるじゃないですか!

おそっているのは、もちろん
被告席のちっちゃい子よぉ!→ゆさぶる:(そうだなあ‥‥)

 △ たしかに、そのとおり
 ◎ 今の証言は、おかしい

 梅世さん‥‥あなたは、

 △ 目撃などしてない
 ◎ ウソをついている

女の人は、攻撃かわして
逃げたんですぅ。

あの子は、それを追いかけて
トドメを‥‥!」

8。梅世に尋問 〜事件当夜、目撃したこと〜 訂正後

「梅世、ちゃんと細かいところまで
みてたんだからぁ!

被害者の女の人、最初の攻撃を
かわして、右に向かって逃げたの。

そしたら、和服の女の子が
追いかけていって‥‥

持っていた凶器でなぐりつけたの!
凶器だって、ちゃんと見たわよ!

時計よ時計。‥‥置時計ってやつ?
《考える人》の形してたわ!」→つきつける:「考える人」

 なぜなら‥‥

 △ 聞こえるはずはない
 ◎ 鳴ったはずがない

 あの時計は、鳴るはずがない!
 なぜなら、

 ◎ 機械が入っていない
 △ こわれている
 △ 電池が切れている

9。時計の機械が抜きとられたのが
いつだったかを示す、証拠品は‥‥→「真宵の携帯電話」

10。‥‥弁護人。
これで問題ありませんか?

◎ ある
△ ない

11。“証人が、時計を見たことは
なかった”ことを示す証拠品を。→「考える人」

12。松竹 梅世は、なぜ凶器が時計だと
知っていたのか? それは、

△ 実際に手に取った
◎ 情報を聞いていた

13。凶器が時計であることを、証人が
“聞いていた”という証拠を!→「盗聴器」

14。被害者が、電話で凶器のことを
“時計”と表現したという証拠は、→「真宵の携帯電話」

15。(トドメを刺すなら、今だ!)

◎ あなたがやったんですね?
△ なぜ盗聴を?

16。え、ええと‥‥
(すると、残された手は‥‥?)

◎ ボーイの尋問をする
△ 梅世の尋問をつづける

17。(‥‥どうする?)

◎ 条件を飲む
△ あきらめる

18。ボーイに尋問 〜梅世のルームサービスについて〜

「ワタクシ、板東ホテルの
ボーイ長をしております。

あれは、夜の8時すぎでしたか。
梅世サマからお電話がありました。

きっかり9時に、アイスコーヒーを
持ってきてほしいと。→ゆさぶる

それでワタクシ、きっかり9時に
持っていったしだいでございます。→ゆさぶる

アイスコーヒーは、間違いなく
そのご婦人にお渡しいたしました。」→ゆさぶる:なにも見つからない

19。(いいのか、このままで!)

◎ 食い下がる
△ あきらめる

(なにを聞けばいい‥‥!)

△ チェックインのこと
△ ルームサービス
◎ ベッドメイキング

‥‥その人物とは、

△ 松竹 梅世
◎ 梅世といっしょにいた男
△ ボーイ

法廷編 一日目の終わり


探偵編 二日目
3c. Detective Part, Day 2

9月7日 午後2時24分
地方裁判所 被告人第1控え室

真宵は捕まえたままで、事件はまだ解決していない。
証拠品《梅世の証言書》を法廷記録にファイルする。

9月7日 午後3時11分
留置所 面会室

話す→「“男”について」「盗聴について」「ネジられた性格」全部
だが何か聞きだすには材料が必要だと分る。

移動する→「板東ホテル」。303号室にはボーイがいます。

話す→「梅世のこと」「いっしょにいた男」「このホテルのこと」
その男の写真あれば、ボーイが間違いなくわかると思う。

移動する→「星影法律事務所」。先生は留守です。

調べる→机の上にある写真。DL6号事件・資料2を見る。証拠品「写真」
入手。

移動する→「板東ホテル」。つきつける→「写真」。センセイショ?
(どうしよう‥‥)

◎ 書いてもらう
△ いらない

証拠品「ボーイの宣誓書」を貰う。

移動する→「留置所」。つきつける→「ボーイの宣誓書」。
(よし。あとひと押しだ!)

◎ なだめすかす(脅しつけるのほうがいいかも、性格を考えると)
△ おどしつける(このままコナカルチャーにいける)

移動する→「星影法律事務所」

話す→「今日の法廷」「依頼を断る理由」「絵のこと」全て。

つきつける→「写真」。写真の男はコナカルチャーの社長だと判明する。

移動する→「コナカルチャー」。

話す→「梅世のこと」「事件のあった夜」「コナカルチャー」全部。
その後「絵のこと」も聞く。

そこの壁にかかっている
大きな絵ですけど‥‥

△ いい絵ですね
◎ 見たことがある
△ いつ手に入れた?

移動する→「星影法律事務所」

話す→「小中のこと」。ええ。それは‥‥

△ 大きいな絵
△ 小中の写真
◎ 引き受けない理由

あなたと小中は、ある関係が
あるです。それは‥‥

△ 先輩と後輩(まさか)
◎ 脅迫する者とされる者
△ 愛する者と愛される者(爆笑)

小中 大は裁判官、弁護士、検事局長、警察と政治家という司法の要人
のネタを握って、自由に操ってる。恐ろし権力をもってる人だ。

話す→「DL6号事件」「脅迫された理由」。

移動する→「綾里法律事務所」。

調べる→右側に本棚。どのファイルにするかな‥

“あ”行→“か”行→“さ”行のファイルを全部読む。

証拠品「新聞記事」ゲット。

移動する→「コナカルチャー」。つきつける→「新聞記事」。

小中さん。
あなかは、この政治家を‥‥

△ 買収していた
△ 調査していた
◎ 脅迫していた

待った‥‥小中さん。
あなたの言うことは、

△ 正しい
◎ 間違っている

9月8日 午後3時37分
留置所 面会室

こんどは成歩堂さんが犯人だと言う証言が明日に裁判が行なわれる。
成歩堂は自分で弁護をすることを決めた。

え。‥‥あるかな‥‥?(真宵は何をすればいいの?)

△ 弁護をたのむ
◎ おうえんをたのむ
△ 脱獄の手伝いをたのむ

探偵編 二日目の終わり


法廷編 二日目
3d. Courtroom Part, Day 2

9月9日 午前9時52分
地方裁判所 被告人第1控え室

御剣の話を聞く。

9月9日 午前10時
地方裁判所 第1法廷

1。(どうしよう‥‥。ムダだとは
思うが、ぼくが言ってみるか?)

△ 発言する
◎ やめておく

2。小中に尋問 〜事件の当夜、目撃したこと〜

「あれはそう、ちょうど9時
ごろのことだったよ。→ゆさぶる。

 (梅世もそんなことを言っていたが‥‥)

 ◎ さらに追求する
 △ やめておく

ぼかぁ、窓のそばで書類を
リーディング、読んでいたんだ。

すると、窓のそとで
物音がしたんだよ。

ぼかぁ、その音のおどろいて、
向かいのビルを見たねえ。

すると、ギザギザヘアの男が
ロングヘアのレディを襲っていた!

言うまでもなく、キミだよ
ミスタ・ベンゴシ!

ぼかぁ、梅世クンを呼んだねえ!
彼女も、それはビックリだよ!

被害者は、その‥‥、必死に
逃げたが、キミは追いすがった!→ゆさぶる。証言訂正

 訂正後
 「左に向かって、被害者は逃げた。
 キミはそれ追いすがった!」→つきつける:「梅世の証言書」

ジャスト・フィット!
‥‥それでジ・エンドさ。」

3。このムジュンについて、
あなたはどう考えます?

△ 小中の証言が正しい
△ 梅世の証言が正しい
◎ 2人とも正しい

4。(事件があったとき、小中が
いたポイントを示そう!)→赤い犯人のポイントを示す

5。小中に尋問 〜“左に逃げた”という証言〜

「梅世クンの証言は、正しいよ。
‥‥モチロン、ぼくのも、ね。

キミがレディに襲いかかったとき、
彼女はまず、左に逃げたんだ。

そして思いきり、彼女を殴った。
‥‥これが、ぼくが見た部分だ。

次に彼女は、最後の力を
ふりしぼって、右に逃げたんだ。

キミはそれを追いかけて、
彼女にトドメをさした。

‥‥ここが、
梅世クンが見た部分だ。

どうだい?
キミは2回、殴ったワケさ。」→つきつける:「綾里 千尋の解剖記録」

6。小中に尋問 〜2人の証言の食い違いについて〜

「そのぉ、なんだ。あれが倒れる音で
ぼかぁ向かいの窓を見たわけだが。→ゆさぶる。

 ‥‥なんか、ちょっと
 おかしくないですか?

 ◎ 気になる→証言を訂正される
 △ 問題なし

 証言訂正後
 「向かいの窓を見たら電気スタンド
 が転がっていたんだよ。」→つきつける:「上面図」

次の瞬間、ミス・チヒロは左に
逃げていたんだよ!

犯人‥‥キミは、襲いかかったが、
彼女はそれを‥‥かわしたんだ。

そして、向きを変えて、ドアの方へ
逃げようとした!

キミは、そこで1発、ポカリと
やったんだ!」

7。小中に尋問 〜盗聴器を仕掛けたとき〜

「あれはそう、9月のアタマだから、
事件の約1週間、前かな。→ゆさぶる

ぼかぁ、綾里法律事務所に侵入
したんだよ。→ゆさぶる

モチロン、
盗聴器を仕掛けるためだよ。→ゆさぶる

そのときにね。たしかに見たんだ。
カラス製の電気スタンドを‥‥」→ゆさぶる:合計七回以上ゆさぶる

8。成歩堂は千尋の幻を見て、倒れる。

9。証拠品「領収書」のデータを更新する。

9月9日 午後1時16分
地方裁判所 第1法廷

10。小中に尋問 〜盗聴を仕掛けたとき〜

「あれはそう、9月のアタマだから、
事件の約1週間、前かな。」→つきつける:「領収書」

11。(まずい!)

◎ 異議を申し立てる
△ ようすを見る

12。証拠品「千尋のメモ」を貰う。

13。これからぼくが読み上げるものを
聞いていただきたい!→「千尋のメモ」

無罪判決

9月9日 午後2時24分
地方裁判所 被告人第1控え室

千尋は今夜9時に事務所に来てくれと言う。

9月9日 午後9時2分
綾里法律事務所

場所は改名して、「成歩堂法律事務所」になる。

成歩堂と綾里姉妹のおまけの一枚絵があるます。

結論:真犯人は小中 大


人物ファイル

綾里 千尋 【あやさと ちひろ】 27歳
綾里法律事務所の所長。
ぼくの上司で、
ヤリ手の弁護士。
 プロファイル更新後
 事件の被害者。
 綾里法律事務所の所長で、
 一流の弁護士だった。

綾里 真宵 【あやさと まよい】 17歳
事件の被告人。
千尋さんの妹で、
霊媒師の修行中。

糸鋸 圭介 【いとのこぎり けいすけ】 30歳
所轄署の刑事。
殺人の初動捜査を担当。
通称イトノコ刑事。

御剣 怜侍 【みつるぎ れいじ】 24歳
検察局きっての天才検事。
有罪判決のためなら手段
を選ばない、冷酷な男。

松竹 梅世 【しょうちく うめよ】 23歳
事件の目撃者。
真宵の犯行を見たと
証言している。
 プロファイル更新後
 事件当夜、ホテルに
 誰かと泊まっていた。
 千尋さんを盗聴していた。

星影 宇宙ノ介 【ほしかげ そらのすけ】 64歳
名前は“そらのすけ”。
ベテラン弁護士で、
千尋さんの師匠。

ボーイ 【ぼーい】 26歳
板東ホテルのボーイ。
 プロファイル更新後
 事件当時、梅世に
 ルームサービスを届けた。
 チェックインも担当。

小中 大 【こなか まさる】 39歳
事件の目撃者。
情報処理会社・
コナカルチャーの社長。


証拠品ファイル

【弁護士バッジ】
これがないと、
誰もぼくを弁護士と
みとめてくれない。

【考える人】
凶器。ほんとは時計だが、
どう見ても置物。
友人・矢張が作った。
 更新後
 見た目は置物の時計。
 機械を抜かれて空洞。
 友人・矢張が作った。

【ガラスの破片】
ガラスの電気スタンド
が壊れたもの。
コナゴナになっている。

【領収書】
血文字が書かれている。
裏面はデパートの
領収書のようだ。
 更新後
 “電気スタンド”の
 領収書だ。発行日は、
 事件があった前日。

【真宵のメモ】
“あたしの携帯電話には、
お姉ちゃんと話したこと
が、録音されています”

【真宵の携帯電話】
所長と真宵の会話が録音
されている。Lボタンで
会話を聞くことができる。

《9月5日、午前9時27分》

真宵 あ、お姉ちゃん!
   どうしたの?めずらしいね。

千尋 うん。‥‥実は、
   あずかってほしいものがあって。

真宵 またー?今度は何?

千尋 置き時計よ。
   考える人の形をしてて、
   なんと、しゃべるの!
   ‥‥まあ、今はちょっと、
   しゃべらないんだけど。

真宵 えー。なんで?
   ‥‥つまんない。

千尋 さっき、
   時計の機械を抜いちゃったから。
   かわりに、書類を入れてあるわ。

真宵 書類?
   ‥‥それが“証拠品”なの?

千尋 ‥‥ご想像にお任せするわ。
   じゃ、今晩の9時におねがいね。

【綾里 千尋の解剖記録】
死亡時刻は、9月5日の
午後9時。
鈍器で1回殴られて即死。
 解剖記録更新後
 鈍器で1回殴られて即死。
 殴られた後、数分間、
 生きていた可能性がある。

【盗聴器】
梅世の部屋から
見つかったもの。

【上面図】
現場・綾里法律事務所の
上面図。Lボタンで詳細
を見ることができる。

【梅世の証言書】
“被害者は攻撃をかわし
右に向かって逃げたが
追いつかれて殴られた”

【写真(1)】
ウラにエンピツで
《DL6号事件・資料1》
と書かれている。(綾里 舞子の写真)

【写真(2)】
ウラにエンピツで
《DL6号事件・資料2》
と書かれている。(小中 大の写真)

【ボーイの宣誓書】
事件当日、梅世とともに
ホテルに泊まった男の
人相を証明する。

【新聞記事】
政治家の自殺記事。
見出し付近に“小中”
と書き込みがある。

【千尋のメモ】
千尋さんの字で、人物の
名前が書いてある。
リストのようだ。

逆転姉妹完



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第三挿話 逆転のトノサマン
4. Episode 3  Reversal of Tonosaman'
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

探偵編 一日目
4a. Detective Part, Day 1

10月14日 午後5時31分
成歩堂法律事務所

ヒマの日

10月16日 午前8時14分
成歩堂 龍一の寝室

真宵から電話が来る。

大江戸戦士トノサマンは殺人事件の容疑者になった。

10月16日 午前9時22分
成歩堂法律事務所

移動する→「留置所」。話す→「事件について」「トノサマン」
そして新たに現れる、「荷星のアリバイ」も聞く。

移動する→「撮影所・正門前」。

これはオバチャンの早口だ!
「まったく最近の若いモンときたら、
何かあると、すぐにこうだね。
昼間っから、
こんなところで油売っちゃって。
シゴトはどうしたの
弁護士なんてそんなヒマなモンなの
かいそれならオバチャンも弁護士
なればよかったよオバチャンが若い
ころはこんなことはなかったねえ
若いムスメがこんなヘンなカッコウ
してああなげかわしいねえ日本の
来はどうなるんだろうねえまったく
ムスコはムスコでもう3年も電話」 ゆっくり読んでね。

話す→「撮影所について」「荷星について」。それから新たに現れる、
「イブクロちゃん」と「犯人だと思う理由」の話も聞く。

移動する→「留置所」。話す→「アリバイについて」「オバチャン」。
証拠品「荷星 三郎の依頼状」を貰う。

移動する→「撮影所・正門前」。つきつける→「荷星 三郎の依頼状」。
依頼状はオバチャンに渡す。かわりに証拠品「上面図」を貰う。

移動する→「第1スタジオ前」。話す→「捜査の状況」「逮捕した理由」
「オバチャン」。証拠品→「衣袋 武志の解剖記録」を糸鋸から貰う。
話す→「決定的な証拠」。

調べる→右上のカメラ。番号《ST1―307》を覚えてこう。
調べる→中央のマスコット。調べる→右の建物。あそこが鍵がかかってる
んで開けるにはカードキーが必要。

移動する→「撮影所・正門前」。話す→「証拠写真」「犯人だと思う理由」
「イブクロちゃん」「自動撮影のカメラ」。

移動する→「スタッフエリア」そこから「楽屋」にいく。調べる→右下の鞄。
証拠品「カードキー」を借りる。

移動する→「スタッフエリア」→「撮影所・正門前」→「第1スタジオ前」。
調べる→右の建物。あとは移動する→「第1スタジオ内」。

調べる→床の白いテープ、監督の椅子、とカメラ。話す→「事件当日のこと」
「荷星について」。そして「人の気配」も聞く。

移動する→「第1スタジオ前」→「撮影所・正門前」。
話す→「スタッフの証言」。

第二オバチャンの早口です。
「だいたい今の若いムスメはみんな
アレだョペラペラしゃべりすぎ
あることないことテキトーなこと
ばっかりだョオバチャンがワカい
コロはそんなことなかったョみん
な思いやりってもんがあったそ
が今じゃナニかと言えばカゲグチ
ばっかりでオバチャンかなしい
うおおおおおおおおおおおおおッ!」

調べる→左側のコンピュータ。

(コンピュータを操作しようか?)

◎ する
△ しない

《セキュリティカメラの
ナンバーを入力してください》

△ ST1―703
◎ ST1―307
△ ST1―370

証拠品「荷星(?)の写真」を入手。

探偵編 一日目の終わり


法廷編 一日目
4b. Courtroom Part, Day 1

10月18日 午前10時
地方裁判所 第4法廷

1。(どうしよう。
もう一度、聞こうか‥‥?)

◎ 聞かない
△ 聞く(頭が悪い弁護士か)

2。証拠品「トノサマン・スピアー」をファイルする。

3。オバチャンの本名は大場 カオルと判明する。

オバチャンの早口その三
「“オオバサン”も“オバチャン”も
たいして変わらないでショ。
そうそう、オバチャンもホラ、若い
ころからオバチャンだったワケじゃ
ないでしょだからねえムカシはよく
イジメられたりもしたワケよこれ
中学生のころアコガレていた将棋部
のセンパイがいてねェそのカレに
オバチャン呼ばわりされたときは
もうオバチャン泣いちゃったわねェ」

御剣「異議あり!」(爆笑)

4。オバチャンに尋問 〜事件当日について〜

「オバチャン、事件があった日は、
午後1時に詰所に入ったのョ。」

イブクロちゃんたちは、午前中から
打ち合わせしていたんだけど。

オバチャン、ちょっと午前中は
‥‥その、用事があってサ。

ま、とにかく、午後1時に
詰所に入ったわけョ。

それから、午後5時までは
ず〜っと正門のあたりにいたわネ。

イブクロちゃんの事件があったの、
午後2時30分ごろでショ?

2時ごろにね。オバチャンの
目の前を通った男がいたのよ。

荷星よ荷星。あの男がね。
スタジオの方へ歩いていったのサ。」→つきつける:
「荷星(?)の写真」

5。オバチャンに尋問 〜写真の男は荷星である〜

「オバチャンね、イイカゲンなこと
言うの、大ッキライなのョ。→ゆさぶる

オバチャンの早口その四
「そんなイイカゲンなことは、
何ひとつ、してないんだからネ!
だいたい今の若いヒトはアレだね
いつでも他人のアラ探しばっかり
オバチャンはそれがカナシイわョ
そもそも‥‥」

御剣「弁護人!
たのむから、この証人を
シゲキしないでほしい!」(笑い)

午前中、スタッフエリアで
打ち合わせしたんだけどサ。→ゆさぶる

その打ち合わせのとき、荷星のヤツ
ころんじゃったんだよ。→ゆさぶる

大事な小道具もこわれちゃうし、
ちょっと大変だったね。→ゆさぶる:証拠品「トノサマン・スピアー」
の記録を更新される。

荷星も、思いっきり足を
ヒネっちゃってさァ。→ゆさぶる:御剣が「そこまで」と言うまでゆさぶる。

この写真、よく見なさいョ!

ちゃんと写ってるだろ?
‥‥足を引きずってるところがさ。

だから、コイツは荷星なんだョ。
わかったかい?」

6。(裁判長が迷っているぞ‥‥)

◎ 異議を申し立てる
△ ようすをみる

7。オバチャンに尋問 〜事件当日について・つづき〜

「イブクロちゃんが死んだ時間は、
午後2時30分だったよネ。

その時間までに、オバチャンが見た
人間は、この荷星だけだョ。

他には誰も、スタジオへ行った
ヤツぁいないんだ。→つきつける:「荷星(?)の写真」

もしいたら、このオバチャンが
見ているはずだからネ!」

8。オバチャンに尋問 〜“もう1人の人物”のこと〜

「オバチャン、その日の警備が
終わると、もうひとシゴトあるの。

パソコンに記録された写真を
チェックするんだけどサ。

あやしくない写真のデータは、
オバチャン、消しちゃうのョ。

そういえば、事件の日、
1枚、消した覚えがあるョ!」→ゆさぶる

9。5分間の休憩。

10月18日 午前11時8分
地方裁判所 被告人第3控え室

荷星はずっと昼寝していたと言う。さらに誰でもトノサマンの着ぐるみ
を盗むことがでるてしよう、と発言する。

10。被告人・荷星さん以外に、犯行が
可能だった人物とは‥‥?

× スタッフの女の子
× 小学生の男の子
◎ オバチャン

11。(さて。どうする?
追い打ちをかけておくか?)

◎ 追い打ちをかける
△ かわいそうなのでやめる

12。少年が犯人ではないという
証拠を。(見せる)→「トノサマン・スピアー」

13。オバチャンに尋問 〜口止めされていたこと〜

「オバチャン、英都撮影所から
口止めされていたことがあるのョ。→ゆさぶる

事件があった日、実はあの撮影所
には、他にも人がいたのよねェ。→ゆさぶる

 (聞くべきコトは聞いたと思うけど
 どうしよう?‥‥)

 △ 尋問をつづける
 ◎ やめる

その人たち、“ワレワレは事件に
関係ないから”だってサ。

“撮影所にはいなかったことに
してくれタマエ”なんて言って。

オバチャンがうたがわれるんなら、
アイツらも巻き込んじゃおうかね!」

14。これで監督、プロデューサーとおエライさんも容疑者に入るワケです
から、このままでは荷星に判決下すことが不可能。

10月18日 午後1時4分
地方裁判所 被告人第3控え室

成歩堂はまた撮影所に調査のために出かけます。

法廷編 一日目の終わり


探偵編 二日目
4c. Detective Part, Day 2

10月18日 某時刻
成歩堂法律事務所

移動する→「留置所」。話す→「ファンの子供」と「カントクのこと」。

移動する→「撮影所・正門前」→「スタッフエリア」。調べる→左下の塞いた
排水口。(‥‥げ、ホンキだ。どうしよう‥‥)

◎ ぶッコワす
△ そっとしておく

移動する→「楽屋」→「スタッフエリア」→「撮影所・正門」。話す→
「撮影所について」、「ファンの子供」、「カントクたちのこと」全部。

移動する→「第1スタジオ前」→「第2スタジオ前」。ドアがカギがかかている。

移動する→「第1スタジオ前」→「撮影所・正門前」。調べる→詰所、だが今は
無理みたい。移動する→「スタッフエリア」→「楽屋」。

話す→「事件当日のこと」。そのあと、「プロデューサー」と「おエラいさん」
のことも聞く。

移動する→「スタッフエリア」→「撮影所・正門前」。話す→「ファンの子供」と
「カントクたちのこと」。調べる→左側の詰所。オバチャンがいるためまだ無理。

移動する→「スタッフエリア」。九太に話す→「トノサマン」と「事件について」
そのあと九太はどこに逃げ出す。証拠品「カラッポの小ビン」を入手。

移動する→「撮影所・正門前」。調べる→左側の詰所(パソコンの上)。証拠品
「コテージのカギ」をゲット。

移動する→「第1スタジオ前」→「第2スタジオ前」→Lボタン押して
調べる→コテージのドア。

移動する→「コテージ内」。姫神に話す→「事件当日のこと」、「トノサマン」
「カントクのこと」。今、台本がほしいといわれる。証拠品「姫神のメモ」を
監督に渡してほしいと頼まれる。

移動する→「第2スタジオ前」→「第1スタジオ前」→「撮影所・正門前」→
「スタッフエリア」→「楽屋」。監督につきつける→「姫神のメモ」。

移動する→「スタッフエリア」→「撮影所・正門前」→「第1スタジオ前」→
「第1スタジオ内」。

調べる→監督の椅子にあるもの。証拠品「台本」を入手。

移動する→「第1スタジオ前」→「第2スタジオ前」→「コテージ内」。

姫神につきつける→「台本」。話す→「道がふさがっていた」。証拠品
「サルマゲどんのクビ」のデータを法廷記録のファイルする。

移動する→「撮影所・正門前」→「成歩堂法律事務所」。千尋さんが助言を
あげます。あの少年が最後の手がかりになりそう。千尋に話す→「相談する」
と「気づいたこと」。

移動する→「撮影所・正門前」。オバチャンと話す→「“人質”について」。
つきつける→「カードキー」。
(どうしよう。あのスタジオ、
入れなくなるぞ‥‥?)

△ やめておく
◎ カードキーを貸す

かわりに証拠品「トノサマンのカード」を貰う。

移動する→「スタッフエリア」→「楽屋」。話す→「トノサマン」と
「事件について」。つきつける→「トノサマンのカード」。だが九太はもっと
レアカードがほしいので、それを探すハメになちゃう。

移動する→「スタッフエリア」→「撮影所・正門前」→「第1スタジオ前」
→「第2スタジオ前」→「コテージ内」。

スタッフに話す→「ファンの子供」と「イブクロちゃん」。そして
「“あのこと”とは?」も聞く。つきつける→「トノサマンのカード」。
(‥‥なんなんだ、この
意味不明なモリアガリは!)

◎ 交換する
△ 交換しない

証拠品「レアカード」をゲット。

移動する→「第2スタジオ前」→「第1スタジオ前」→「撮影所・正門前」
→「スタッフエリア」→「楽屋」。

九太につきつける→「レアカード」。話す→「トノサマン」。

なあ、どこがイイ?
トノサマン。

△ 人情にアツい人から
◎ 戦うすがた(結局これ選ばないと、話は進めない)
△ 荷星のファン

証拠品「“栄光の足跡”」を貰う。

話す→「事件について」。それから「目撃したこと」。

あなたは、荷星さんの
無実、信じているの?

◎ 信じている
△ どうかなあ

探偵編 二日目の終わり


法廷編 二日目
4d. Courtroom Part, Day 2

10月19日 午前9時42分
地方裁判所 被告人第1控え室

今日は武器がないかも。でも依頼人が本当無実ならば、どこかで見落とし
しているはず。

10月19日 午前10時
地方裁判所 第4法廷

1。宇在 拓也(カントク)に尋問 〜事件があった日のこと〜

「あの日は、朝の9時ごろ、
英都スタジオに入ったけど。

午前中は、んーと、アクションの
打ち合わせ、かな。(考)

なんか、思ったより、時間が
かかっちゃったんだよなあ。

おヒル、みんなはスタッフエリアで
ゴハン食べたみたいだけど。

コテージでカイギがあったから、
ボク、食べられなくて。→ゆさぶる

 千尋「今の話、どう?
 オカシイと思わない?」

 △ 別に、思わない
 △ ハッキリしない部分がある
 ◎ ムジュンしている

カイギは、ケッキョク
4時までやってたのかな。

カイギ中は、‥‥えーと、誰も
席を、その、立たなかったな。→ゆさぶる

 「コテージでカイギがあったから〜」を矛盾してると指南したあと
 ゆさぶると、成歩堂はこう思う。(なんか、引っかかるような‥‥)

 ◎ もっと強くゆさぶる
 △ やめておく

‥‥そんなところかな。」

2。カントクに尋問 〜“休憩”について〜

「たしかに、休憩は
とったけどさあ‥‥。(爆)→ゆさぶる

たった15分だよ、15分。→ゆさぶる

第1スタジオで殺人なんて、
できるわけないだろお。(笑)→ゆさぶる

 すると、御剣が「異議あり!」と申し立てる。
 裁判官「コテージの人間が第1スタジオに
 行ったと主張しますか?」

 × もちろん主張する
 ◎ それはムリだと言う

ホネつきステーキ食べてるだけで
終わっちゃうって!(怒)」

3。10分間の休憩

10月19日 午前11時4分
地方裁判所 被告人第1の控え室

コテージの人間は事件に無関係、ってこと‥‥だが尋問であきらかになった
のはその人間は第1スタジオに行けなかった。そこらへんになんか秘密が
あるは気がする。

10月19日 午前11時15分
地方裁判所 第4法廷

審理再開

御剣「‥‥そのとき見たことを、その、
ワレワレに聞かせてほしいなあ。」

九太「え? オジさんと、そこの
エラそうなヒゲのおジイさんに?」

証拠品「九太のデジタルカメラ」のデータをファイルする。

4。九太に尋問 〜事件があった日のこと〜

「オレ、一度トノサマンのリハーサル
が見たくてさあ。

インターネットで地図を見て、
あの日、撮影所に行ったんだ。

警備員のオバチャンに見つからない
ように、道のそとの林を通って、

オレ、とにかく
スタジオに行こうとしたんだ。

とちゅう、30分ぐらい道に
まよっちゃったんだけど。

スタジオのところに出たら、
トノサマンがいたんだ!

オレ、うれしくて。
見てたら、悪人が出てきてさあ。

トノサマンは‥‥モチロン、
その悪人をたおしたよ!

もしカメラを持っていれば、
シャッターチャンスだったよ。→つきつける:「九太のデジタルカメラ」

ケッキョク、スタジオには
入れなくて、その日は帰ったんだ。」

5。九太に尋問 〜見ていたことについて〜

「た、たしかにカメラは
持ってたけど。

もう、イッシュンも目が
はなせなかったんだ。

トノサマンに悪人が
おそいかかってさあ!

そして‥‥悪人は、
動かなくなったんだ!→ゆさぶる

 (‥‥どうしよう?)

 △ ようすを見る
 ◎ もっとゆさぶってみる

強いよななぁ!
やっぱり、トノサマンは!」

6。裁判官「なぜ、戦いのクライマックスを
見ていなかったのですか!」

△ 見ることができなかった
△ 他のものを見ていた
◎ 証拠品を提示する→「九太のデジタルカメラ」

7。九太に尋問 〜“写真は撮らなかった”?〜

「オマエの言うとおりだよ。

トノサマンが、悪人の手を
ふりほどいたから、

オレ、写真を撮ろうと思って、
カメラをかまえたんだけど。

レンズが開かなくって。
ちょっと間に合わなかったんだ。

そ‥‥それで、オシマイかな。」→ゆさぶる

 (この少年は、本当に写真を撮らなかったのだろうか?)

 ◎ キツく揺さぶってみる→すると証言を訂正する
 △ やめておく

証言訂正後
「少しおくれて何枚が撮ったけど、
データはもう、消しちゃったよ。」→つきつける:「“栄光の足跡”」

8。裁判官「なぜ、少年は写真のデータを
消してしまったんですか?」

× うまく撮れなかった
× 間違って消した
◎ トノサマンは勝たなかった

9。御剣「勘違い?それはいったい、どういうことかっ!」

× 被害者はイブクロだった(みんな知っているだよ)
◎ 被害者はトノサマンだった
× 被害者はいない(御剣「成歩堂ッ!ふざけるにも、ほどがあるぞ!」)

10。(この写真で、ムジュンしているポイントを示そう!)→
右上にある、下半分に見える「2」の数字

11。(裁判長に、ほんとうの殺人現場を示そう!)→「第2スタジオ」

12。この第2スタジオには、重要なポイントがあります。

◎ コテージがある
△ 道がふさがっていた(「コテージがある」とどっちでもいい)
△ 撮影には使っていない(意味がない)

13。御剣「被害者の衣袋氏が、着ぐるみを盗んだ証拠だ!」

◎ 証拠はある→「カラッポの小ビン」
△ 証拠はない

14。裁判長。‥‥提案があります。

△ 荷星の血液を調べる(御剣「異議あり!」何回でも)
◎ ビンの指紋を調べる
△ 衣袋の死体を調べる(意味がない)

15。空っぽの小ビンを裁判長に渡す。

10月19日 午後2時47分
地方裁判所 被告人第1控え室

最終調査の準備

法廷二日目の終わり


探偵編三日目
4e. Detective Part, Day 3

10月19日 午後3時27分
成歩堂法律事務所

2、3年前に始めた新しい法廷システム「序審法廷」のことがわかる。
その制度だと、裁判は三日で終わることになるから、さっさとといこう。

話す→「トノサマン」、「カントクのアリバイ」、「気づいたこと」

移動する→「留置所」。荷星に話す→「姫神プロデューサー」、
「宇在カントク」と「イブクロさん」。

移動する→「撮影所・正門前」。オバチャンと話す→全部聞く。

移動する→「スタッフエリア」。糸鋸に話す→「皿」、「捜査について」、
「御剣検事」。証拠品「ステーキの皿」を貰う。さらにあの小ビンの指紋
はやはり、被害者の衣袋 武志のものだとわかる。証拠品「睡眠薬の小ビン」
を更新する(カラッポの小ビンから)。

移動する→「楽屋」。スタッフに話す→「イブクロさん」と「最終回」。
それから「撮影所の方針」。ちょっといいかな。
‥‥これを見てほしいんだけど。→「“栄光の足跡”」

話す→「5年前の事故」の話も聞く。オバチャンはもっと詳しいと言う。

移動する→「スタッフエリア」→「撮影所・正門前」。話す→「5年前の事故」
(イブクロさんが着ぐるみを盗もう
とした証拠か‥‥どうだろう?)

◎ 証拠はある→「睡眠薬の小ビン」
△ 証拠はない

そのクスリを荷星に使った
っていう証拠はあるのかい!→「ステーキの皿」

証拠品「5年前の事故の写真」をオバチャンから貰う。

移動する→「第1スタジオ前」→「第2スタジオ前」。姫神に話す→
「イブクロさん」。しかし、相手にしてくれない。そこでつきつける→
「5年前の事故の写真」。

移動する→「コテージ内」。恐い顔のプロがいる。ヤクザみたい

探偵編三日目の終わり


法廷編三日目
4f. Courtroom Part, Day 3

10月20日 午前10時
地方裁判所 第4法廷

1。証言の後、証拠品「ライトバン」のデータを貰う。

2。姫神に尋問 〜事件があった日のこと〜

「‥‥正午の少し前、第2スタジオの
コテージに入ったわ。

会議が始まったのは、正午。
終わったのは4時。

それから、リハーサルがあるから
第1スタジオへ。

‥‥‥‥そう、つかれてたから、
宇在に運ばせたわ。

会議の休憩は、
2時30分から15分間だった。

宇在といっしょに、コテージの前で
ホネつきステーキを食べていたわ。→つきつける:「ステーキの皿」

第1スタジオに行って、そこで
イブクロの死体を見つけたわけ。

‥‥そんなところね。」

3。つまり、あなたは‥‥

△ ホネも食べた(笑い)
△ ホネなしのステーキを食べた
◎ ステーキは食べなかった

4。決まってるじゃないですか!

◎ トノサマンに会っていた
△ 宇在をいじめていた(あなた本気か冗談ですか?本気だけおねがいします)

5。こんなアタクシが重いスピアーを自由にあつかえると思って?

× できると思う
◎ ムリだと思う
△ わからない

6。トノサマン・スピアーが
凶器ではないという証拠を‥‥!(見せる)→「トノサマン・スピアー」

7。どうてすか? イブクロさんを
殺害した凶器を、提示できますか?

◎ もちろんできる→「5年前の事故の写真」
△ もちろんできない

8。いかがですか? 弁護人。
‥‥死体の問題については?

△ たしかにムリがある
△ やればできる
◎ 他の方法があった

9。示してもらいましょう。
‥‥死体を運んだ方法を。→「ライトバン」

10。弁護人は、宇在カントクが
共犯だったと言うのか!

◎ もちろん共犯
△ もちろん違う

11。(く‥‥くそっ!
‥‥どうする‥‥!)

△ あなたがやったんだ!
△ もう一度証言を!
◎ 質問を思いつかない

12。ここで御剣の「異議あり!」がくるのが、質問を思い浮かばない。(笑)

13。御剣は死体を発見したあとの証言を聞きたい。たぶん御剣も知ってる
だな、だれが真犯人を。

14。姫神に尋問 〜死体を見つけたあとのこと〜

「死体を見つけたときは、
宇在や警備員の大場がいたわ。→ゆさぶる。(うーん‥‥)
 ◎ もっとゆさぶってみる
 △ やめておく

スタッフの子もいたし。
いなかったのは、荷星だけ。→ゆさぶる。(よく言うよ‥‥)
 ◎ もっとゆさぶってみる
 △ やめておく

すぐに警察を呼んだわ。
荷星もおくれてやってきて。→ゆさぶる。重い沈黙。

警備員の大場が大さわぎだった。
“こいつが犯人だ”って。→ゆさぶる。(‥‥ああ、トノサマンの
 ことか‥‥)
 ◎ もっとゆさぶってみる
 △ やめておく

アタクシは、その場にいなかった
ことにしてもらって、→ゆさぶる。

いったんコテージに、台本や
演出ノートを取りにもどったわ。→ゆさぶる。まあ、それはそうですね。
 ◎ もっとゆさぶってみる
 △ やめておく
 ここで御剣の「異議あり!」がくる。これは検察側をとる行動ではありません
 だけどな。これで証言を訂正される。

 証言訂正後
 「ケガした衣袋にアクションはムリ
 だから、持って行かなかったの。」→つきつける:「荷星(?)の写真」

そしてその日は、
そのまま帰ったわね。」

15。姫神さん! ‥‥あなたは、

△ 聞き間違いをした
◎ 足を引きずった衣袋を見た

16。ズバリ、動機を証明する
ことはできますか?

◎ もちろんできる→「5年前の事故の写真」
△ もちろんできない

17。彼女の動機を教えてください。

× 動機を示す証拠を提示(たぶん全証拠品を当てもは駄目)
◎ 動機などない

18。殺意を持ったんのは衣袋の方!(‥‥て、タクミくんは誰?)

無罪判決

10月20日 午後1時12分
地方裁判所 被告人第3の控え室

どうして、イブクロさんは、
ボクにツミを‥‥?

△ わからない
◎ 証拠品を見せる→「“栄光の足跡”」

小江戸剣士「ヒメサマン」の一枚絵がある

結論:真犯人は姫神 サクラ(殺害)と宇在 拓也監督(死体運ぶ)の共犯


人物ファイル

綾里 真宵 【あやさと まよい】 17歳
千尋さんの妹。
霊媒師になるため、
現在修行中。

御剣 怜侍 【みつるぎ れいじ】 24歳
検察局きっての天才検事。
有罪判決のためなら手段
を選ばない、冷酷な男。

糸鋸 圭介 【いとのこぎり けいすけ】 30歳
所轄署の刑事。
殺人の初動捜査を担当。
通称イトノコ刑事。

荷星 三郎 【にぼし さぶろう】 23歳
被告。人気TV番組の
ヒーロー、トノサマンを
つとめるアクション俳優。

オバチャン 【おばちゃん】 年齢不明
本名:大場 カオル 【おおば かおる】
英都撮影所警備員。
事件当日、殺人現場へ
向かう荷星を見たと主張。

衣袋 武志 【いぶくろ たけし】 37歳
かつての大アクション
スター。アクダイカーン
役で、事件に被害者。

スタッフ 【すたっふ】 18歳
本名:間宮 由美子 【まみや ゆみこ】
英都撮影所のスタッフ。
大道具を担当している。
名前は、間宮 由実子。

カントク 【かんとく】 32歳
本名:宇在 拓也 【うざい たくや】
トノサマンを作った監督。
名前は宇在 拓也。事件
当日、撮影所にいた。

大滝 九太【おおたき きゅうた】 7歳
トノサマンの大ファン。
事件当日、英都撮影所に
いたらしい。

姫神 サクラ 【ひめがみ さくら】 34歳
ヤリ手のプロデューサー。
英都撮影所の大物。事件
当日、撮影所にいた。


証拠品ファイル

【弁護士バッジ】
これがないと、
誰もぼくを弁護士と
みとめてくれない。

【荷星 三郎の依頼状】
依頼を受けていることを
証明する書類。

【上面図】
英都撮影所の上面図。
Lボタンで詳細を
見ることができる。

【衣袋 武志の解剖記録】
死亡時刻は、15日の
午後2時30分。ヤリ状
の凶器で胸を貫かれる。

【カードキー】
スタッフ用のもの。
第1スタジオに入る
ことができる。

【荷星(?)の写真】
警備詰所からスタジオへ
通じるゲートで撮影。
《ゴゴ2ジ 2ニンメ》(午後二時 二人目)

【トノサマン・スピアー】
ヤリ型の武器。被害者の
胸に突きささっている
状態で発見された。
 記録更新後
 凶器。ヤリ型の武器。
 一度折れたところを、
 ガムテープで修理された。

【カラッポの小ビン】
スタッフエリアの
テーブルで見つけた。
ラベルには“睡眠薬”
 プロファイル更新後
 睡眠薬の小ビン
 スタッフエリアの
 テーブルで発見。
 衣袋の指紋がついている。

【コテージのカギ】
キータグには、
“第2スタジオ内・
コテージ”と書いてある。

【姫神のメモ】
“第13話の台本を
持ってきてちょうだい”
と書かれている。

【台本】
トノサマンの台本。
表紙には、“第13話”
と書かれている。

【サルマゲどんのクビ】
事件当日の2時15分
から4時まで、現場へ
の道をふさいでいた。

【トノサマンのカード】
トレーディングカード。
子供たちに大人気で、
みんな集めているらしい。

【レアカード】
トノサマンカードの1種。
コレクターにとって、
トクベツな価値がある。

【“栄光の足跡”】
トノサマンが勝負に
勝った場面を、すべて
撮影、収集してある。

【九太のデジタルカメラ】
買ったばかりで、うまく
使えない。かならず、
持ち歩いているという。

【ステーキの皿】
睡眠薬のコンセキあり。
スタッフエリアで発見。
大きなホネが残されてる。

【5年前の事故の写真】
第2スタジオで起こった
衣袋の事故。Lボタンで
見ることができる。

【ライトバン】
コテージでの会議後、
宇在が運転して、姫神を
第1スタジオに運んだ。

逆転のトノサマン完



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第四挿話 逆転、そしてサヨナラ
5. Episode 4  The Reversal, And Then Goodbye
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

探偵編 一日目
5a. Detective Part, Day 1

12月25日 午前10時8分
成歩堂法律事務所

テレビのニューズを見たら、なんとあの御剣 怜侍検事が殺人事件の容疑者
になった。

移動する→「留置所」。御剣に話す→「事件のこと」と「ひょうたん湖」。

つきつける→「弁護士バッジ」。話す→「きみがやったのか」

移動する→「ひょうたん湖公園」。糸鋸に話す→「事件のこと」、
「御剣のこと」、「弁護の依頼」そのあと、「目撃者」も聞く。

何か、聞いておくことは
あるッスか?

◎ 解剖記録のこと
△ イトノコの連絡先

移動する→「公園・広場」→「ひょうたん森」。Lボタン押して
から調べる→カメラ。

移動する→「公園・広場」→「貸しボート屋前」。調べる→
建物。

移動する→「公園・広場」。調べる→ベンチにあるクラッカー。
(クラッカーか‥‥どうしよう?)

◎ もらっておく
△ やめておく

証拠品「クラッカー」をゲット。

移動する→「ひょうたん森」。調べる→カメラ。クラッカーの反応して、
どんどんシャッターが切る。そこで関西弁の女が現れる。

話す→「名前は?」と「事件のこと」。しかし、相手してくれないから、
なにか証拠品あれば。

移動する→「公園・広場」→「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」。
調べる→「タイホくん」。

移動する→「ひょうたん湖公園」→「公園・広場」。調べる→
「とのさまんじゅう」

移動する→「ひょうたん森」。つきつける→「弁護士バッジ」。
話す→「事件のこと」と「ナツミのこと」。それから「カメラのこと」も。
証拠品「ナツミのカメラ」のデータを記録する。つきつける→
「ナツミのカメラ」。

移動する→「公園・広場」→「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」。
糸鋸に話す→「被害者のこと」と「捜査会議」。それから新たに現れる、
「御剣を信じる理由」。「解剖記録」も聞く。証拠品「死体の解剖記録」
入手。

移動する→「成歩堂法律事務所」→「星影法律事務所」。先生は相変わらず
留守です。

移動する→「留置所」→「ひょうたん湖公園」→「公園・広場」→ 
「ひょうたん森」。

なあなあなあ、これってヤッパ、
ケーサツにゆうた方がええよなァ?

△ ゆうた方がええで(インキチな関西弁の使い手)
◎ やめといた方がええで(インキチな関西弁でごまかすやな)

証拠品「湖の写真」を入手。

移動する→「公園・広場」。サンタさんがいるけど、正体は矢張。
話す→「事件のこと」と「トノサマンジュウ」。(カズミさんも
モデルですねえ)。それから「御剣のこと」と「ヒョッシー」の
ことも聞く。証拠品「ヒョッシーの記事」を矢張から貰う。

移動する→「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」→
「成歩堂法律事務所」→「星影法律事務所」。

星影に話す→「事件のこと」と「絵のこと」。つきつける→
「死体の解剖記録」。すると、被害者を思い出す。証拠品も
更新させる。

話す→「生倉弁護士」。DL6号事件の弁護士か。そして
「DL6号事件」の話も聞く。15年前の奇妙な事件。
その事件の被害者はなんと、御剣 信(怜侍の親父)。
証拠品「綾里 舞子の写真」ゲット。

移動する→「留置所」。御剣につきつける→「綾里 舞子の写真」。
話す→「DL6号事件」。この事件はあと三日で時効なんだ。
話す→「“容疑者”のこと」と「父のこと」。

つきつける→「湖の写真」。‥‥おねがいできるだろうか。

◎ 当然、引き受ける
△ 当然、引き受けない(成歩堂の冗談は誰も受けないな)

証拠品「御剣 怜侍の依頼状」を貰う。いきなり地震が起こる。
御剣の様子が変。

移動する→「警察署・刑事課」。糸鋸に話す→「ナツミの証言」、
「明日の裁判」、と「御剣のこと」。つきつける→「御剣 怜侍の依頼状」

成歩堂、御剣、と矢張は小学校4年生の1年間を一緒にいたのだ。そして
御剣が転校してた。それからなにかあったのかしら?

探偵編 一日目の終わり


法廷編 一日目
5b. Courtroom Part, Day 1

12月26日 午前9時44分
地方裁判所 被告人第2控え室

今回の検事はあの狩魔 豪と判明する。御剣の憧れの師匠なので40年の
無敗の記録を持つ人。

12月26日 午前10時
地方裁判所 第3法廷

1。証拠品「上面図」を貰う。

2。糸鋸に尋問 〜御剣を逮捕するまでのこと〜

「あれは零時30分すぎだったッス。
署に、男から通報が入ったッス。

ワレワレはパトカーで
現場に急行したッス。

そこでワレワレは、
御剣検事と会ったッス。

まさか、御剣検事が
アヤシイとは思わなかったッス。

しかし‥‥翌朝、湖から
男の死体が見つかって‥‥、→ゆさぶる:証拠品「ピストルの弾丸」入手

‥‥ケッキョク、御剣検事を
逮捕することになったッス‥‥。」→ゆさぶる:証言を訂正させる。

 証言訂正後
 「ボートから見つけた凶器が
 決定的な証拠になったッス。」→ゆさぶる:証拠品「ピストル」入手

3。弾丸の線条痕(銃の指紋みたい)がピストルと一致した。

4。狩魔 豪は無理矢理に裁判官を10分の休憩をとることにする。

12月26日 午前11時9分
地方裁判所 被告人第2控え室

御剣が撃っていないと返事がくる。なぜか相手が自分自身を撃ったことしか
考えられない。

お姉ちゃんのいない
あたしなんて、意味ないかな?

◎ そんなことはない
△ そりゃそうだ

5。裁判長は判決を下す前に成歩堂が異議を申し立てる。尋問で何か
見つからないと、狩魔検事は法廷侮辱罪を適用する。

さっきの証言、ムジュンした
部分はあった?

◎ あったと思う
△ なかったと思う

6。ナツミに尋問 〜事件の夜、目撃したこと〜

「あれは、クリスマス・イブの
夜の、零時をすぎたころやったわ。

ウチ、クルマの中のおったんや。→ゆさぶる:

 (‥‥さきから、どうも、
  ハッキリしないんだよな‥‥)

 ◎ もっとゆさぶってみる→だが質問を却下されちゃう
 △ やめておく

湖の方で、“パアン”て
音がしてなあ。

窓から見ると、ボートの上に
男が2人、おったんや。→ゆさぶる:

 (‥‥どうしよう‥‥?)

 ◎ もっとゆさぶってみる→狩魔の「異議あり!」は煩いな
 △ やめておく

そのとき、もう1回、音が
したんや。

湖の上には、間違いなく
そのボートしか、なかったワ。」→ゆさぶる:

 (どうやら、ずいぶん、
  自信があるみたいだな‥‥)

 ◎ もっとゆさぶってみる→また却下されちゃう、だがこれで進める。
 △ やめておく

7。有罪宣告しかないだろう‥‥そうだな?
弁護士・成歩堂 龍一!

◎ それは違う
△ そのとおりだ

8。侮辱したのは真宵の方から、成歩堂がまだ生きている。真宵退廷。

9。ナツミに尋問 〜最後の発言について〜 (ここではゆさぶりは許さん)

「ウチ、ハッキリ見たんや。ボートの
男は、たしかに御剣やった。」→つきつける:「湖の写真」

10。ナツミに尋問 〜どうして御剣を目撃できたか?〜

「たしかに、あの晩は寒くて、
ぎょうさんキリが出ててん。

せやからウチ、カメラをセットして
クルマの中に戻ったワケや。

でもな。ウチ、ちゃんと
双眼鏡を持ってきてたからな。→ゆさぶる:

 カメラの問題を、さらに
 追求しますか?

 ◎ 追求する→これで証言を訂正させる
 △ やめておく

 証言訂正後
 「そのカメラは、流星を撮影する
 ためにセットしたものや。」→つきつける:「ナツミのカメラ」

湖で音がしたときは、双眼鏡を
使ォて見たわけや。

どや。これなら問題ないやろ?」

11。じゃ、じゃあ‥‥
何を撮影していたんですか?

◎ 証拠品を見せる→「ヒョッシーの記事」
△ それはわからない

12。ウチが、その“ひょっしー”の
写真を撮ろうとしてた証拠や!

△ 証拠はない
◎ 証拠はある→「ナツミのカメラ」

13。ナツミに尋問 〜ナツミのこと・事件当夜のこと〜

「実はウチ、大学の研究員
ちゃうんや。

ホンマはな‥‥、
フリーカメラマンやってんねん。

今、話題のヒョッシーの
ハッキリした写真を撮れば、

スクープになる思うて、
キャンプ張っとったんや。

でも、かくしてたんは、
それだけやで。

“パアン”て音がして、見たら
湖にボートが浮かんでたんや。

他に見るモンもないねんから、
ずっとボート見てるしかないやん。→つきつける:「ヒョッシーの記事」

で、男の手もとが光って、
もう1回、音が聞こえたんや。

ウチはホンマ、ボートをジッと
見てたんや。‥‥ホンマやで。」

14。(さて‥‥どうする‥‥!)

◎ 拡大写真を提出させる
△ ようすを見る
  ├× 何もしない(有罪判決で即死ゲームオーバー)
  └◎ 考えなおす

15。証拠品「湖の写真」を更新される。

16。(くそっ! ‥‥どうする‥‥!)

◎ 拡大写真に異議
△ ほかの証拠品を提出
× ようすをみる(有罪判決になる)

17。(裁判長に、この写真の
おかしいところを示そう!)→発射している銃を持っている左手を示す

18。写真の男の左手とムジュンする、
決定的な証拠を!→「ピストル」

ピストルに御剣の右手の指紋が付いてる点、と拡大写真の人が左手
でピストル撃ってるところが矛盾している。

19。被告の他に誰が、被害者を
撃てたというのか!

× ナツミさん
◎ 被害者自身
× 矢張(まずいだろう)

20。証拠品「生倉 雪夫の解剖記録」を書きなおす。これで被害者の自殺の
可能性が無くなる。

12月26日 午後1時15分
地方裁判所 被告人第2控え室

証拠品「ナツミの証言書」のデータを記録する。

法廷編 一日目の終わり


探偵編 二日目
5c. Detective Part, Day 2

12月26日 某時刻
留置所 面会室

真宵に話す→「取り調べ」と「千尋のこと」。保釈金と請求書か。

移動する→「ひょうたん湖公園」→「公園・広場」→「ひょうたん森」。

糸鋸と話す→「明日の裁判」、「御剣検事」と「真宵のこと」。ええ?
御剣が保釈金を支払うのですか?

移動する→「公園・広場」→「貸しボート屋前」→「公園・広場」→
「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」→「留置所」。

真宵に話す→「相談する」と「気づいたこと」。

移動する→「ひょうたん湖公園」。ナツミに話す→「今日の法廷」、
「ヒョッシー」と「“ツミほろぼし”」のこと。

ど‥‥どうするの?
なるほどくん‥‥。

◎ 取り引きする
△ 取り引きは主義に反する

これでヒョッシーの情報を探すことになる。果たして発見できるのか?

移動する→「公園・広場」。矢張に話す→「御剣のこと」と
「背後のトノサマン」。調べる→トノサマンの横にある青い物。

移動する→「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」。糸鋸に話す→
「捜査のこと」と「ヒョッシー」。こんどは「道具を借りる」を選ぶ。

(しかたない、とりあえず
借りてみるか‥‥)

△ ミサイルを借りる
△ ツリザオを借りる
◎ 金属探知機(重要)

一応その他の物を借りて、いろんな人につきつけて見るも面白い。

移動する→「ひょうたん湖公園」→「公園・広場」→「貸しボート屋」

金属探知機が反応して、証拠品「ボンベ」を入手。

移動する→「公園・広場」。矢張につきつける→「ボンベ」。

矢張。
このボンベだけど‥‥、

△ 見おぼえがないか?
◎ お前のじゃないか?

だいいち、ボンベなんて、
オレが何を使うって言うんだよ!

◎ 何かをふくらませた
△ 湖にもぐった

(やっぱりそうだったか‥‥)

△ ボンベをしまう
◎ さらにくわしく聞く

話す→「飛んだボンベ」。見つけたのは事件の夜じゃない!まあ、これで
ヒョッシーの謎を解けた。

移動する→「ひょうたん森」。真宵のクシャミでまたカメラのシャッターを
作動されちゃう。ナツミに話す→「事件のこと」と「ヒョッシー」。

どうや? ヒョッシー、
見つかりそうなん?

△ まだ見つからない
△ もう見つけた→証拠ある→「ボンベ」
◎ ヒョッシーはいない→証拠品もちろんある→「ボンベ」

ナツミと話す→「事件の“情報”」。証拠品「もう1枚の湖の写真」を貰う。
事件の陰に、やっぱり矢張だな。

移動する→「公園・広場」→「貸しボート屋前」→「管理小屋内」。

電波オヤジ登場!「メグミ‥‥ユキヒロ‥‥ソバ屋‥‥ノレン‥‥長寿庵
‥‥オウムと話す‥‥サユリさん‥‥オハヨー、オハヨー‥‥居眠り‥‥」
電波、電波、電波、デンパ、でんぱ

調べる→赤いオウム。証拠品「オウム」入手。

つきつける→「弁護士バッジ」。

長寿庵のノレンを
つぐと約束してくれ!

◎ 約束する
△ そんなことはできない

話す→「ソバ屋」、「貸しボート屋」と「サユリさん」。調べる→デレビの上
にある緑金庫。つきつける→「オウム」と「湖の写真」。そのあと話す→
「目撃したこと」。(タミオくん?糸鋸のことか。)

移動する→「公園・広場」→「ひょうたん湖公園」→「警察署・刑事課」。
糸鋸に話す→「ボート屋のオジさん」と「DL6号事件」。

移動する→「留置所」→「星影法律事務所」→「成歩堂法律事務所」。
真宵と話す→「相談する」と「気づいたこと」。

移動する→「警察署・刑事課」。つきつける→「オウム」。移動する→
「警察署・資料室」。

真宵と話す→「事件概要」、「被害者のデータ」と「容疑者のデータ」全部。
DL6号事件は2001年 12月28日に起こったなのか。時効にあと二日。
今回の事件となにか関係ありそう。証拠品「DL6号事件・資料」と
「DL6号事件・写真」を入手。

探偵編 二日目の終わり


法廷編 二日目
5d. Courtroom Part, Day 2

12月27日 午前10時
地方裁判所 第3法廷

1。(あのオジさん、ケッキョク
誰なんだよ‥‥)

◎ 異議を申し立てる
△ やめておく

2。な、成歩堂くん。
‥‥どうしますか?

◎ 尋問する
△ 尋問しない(うおお!もう3分すぎた!)

3。オヤジに尋問 〜事件のあった夜、目撃したこと〜

「あれは24日の夜、12時
ちょっとすぎのことでしたハイ。

いつもどおり、ソバ屋‥‥
ボート管理小屋にいたです。

そしたら、パアンという音が
聞こえたですハイ。

窓から外を見ると、ボートが1つ、
浮かんでおりまして。

そのとき、もう1発、パアンと。

そのうち、ボートが帰ってきて、
男が1人、窓の外をとおりました。」→ゆさぶる:証言が加える

 証言加える後
 「その男は被告人で“まさか人を撃つ
 ことになるとは”と言いました。」→ゆさぶる:証人が倒れる。

4。(ここで何か手を打たないと、
審理は終了してまう!)

◎ 異議を申し立てる
△ ようすを見る

5。(裁判長が考え込んでいる。
‥‥どうすればいい!)

◎ 異議を申し立てる
△ ようすを見る

6。結局御剣 怜侍が有罪判決を受ける。そこで矢張を法廷に乱入する!

7。5分間の休憩に入る。

12月27日 午前10時28分
地方裁判所 被告人第2控え室

御剣の話を聞く。これでチャンス。狩魔 豪は完璧にこだわるから
今、それを崩すチャンス。矢張は豪があまり知らない証人から。

12月27日 午前10時35分
地方裁判所 第3法廷

審理再開。

8。矢張に尋問 〜事件の夜、目撃したこと〜

「オレ、その夜、湖でボートに
乗っていたんだよ。

探しモノがあって。
で、それが見つかってさあ。

ボートを、こっそりボート屋に
返したワケよ。

で、帰ろうかなと思ったときに、
パアンて音が聞こえたんだ。

オレが湖を見たときは、
ボートには気がつかなかったぜ。

その1発の音を聞こえたあとは
何もなかったんで、帰ったんだ。」→つきつける:「ナツミの証言書」

9。どうしますか? 成歩堂くん。
《証言》をつづけてもらいますか?

△ もうやめる
◎ つづける

10。矢張に尋問 〜事件の夜、聞いたこと〜

「クリスマスイブだってのに
1人なんて、さみしいじゃねえか!

だからよ! リクエスト番組
聞いてたワケ。

それはもう、ガンガンの
大音量でさあ。

でも、銃声っぽい音を
聞いたのは、間違いないぜ!

音が聞こえた瞬間のDJのコトバも
ハッキリ覚えてるよ。」→ゆさぶる

 特に意味があるのならば、
 質問をゆるしますが‥‥?

 △ 意味はない
 ◎ 意味はある→証言を加える

 証言加える後
 「“クリスマスはもう目の前ですね”
 って言った瞬間に、音がしたんだ。」→つきつける:「湖の写真」

11。矢張くんが12時前に銃声を
聞いたというのは‥‥?

△ 矢張のカン違い(考え直せ!)
◎ 矢張は正しい

12。零時より前に
銃声が鳴ったという証拠だ!→「もう1枚の湖の写真」

13。11時50分に鳴った“破裂音”が
銃声だったという証拠を‥‥。→「ピストル」

14。じゃあ、このボートの上の
人影は、いったい誰なんだ!

× 犯人と生倉弁護士
◎ 御剣と犯人
× 御剣と生倉弁護士

15。犯人ですか。
‥‥そいつの名は‥‥!

× 御剣 怜侍
× 大沢木 ナツミ
◎ わからない

16。(裁判長に、ほんとうの
殺人現場を示そう!)→ボート管理人の小屋

17。成歩堂くん。では、ボートの上で
ピストルを撃ったのは‥‥?

△ 御剣 怜侍(何考えてるの?)
◎ ボート小屋の管理人

18。なぜ犯人は2発、撃たなければ
ならなかったんだ!

× 1発目をはずしたから
◎ 目撃者を作るため

12月27日 午後1時22分
地方裁判所 被告人第2控え室

今回もぎりぎりだったな。御剣の悪夢の話すも聞く。

法廷編 二日目の終わり


探偵編 三日目
5e. Detective Part, Day 3

12月27日 午後2時11分
成歩堂法律事務所

矢張に話す→「今日の法廷」と「御剣のこと」。あと「学級裁判」のこと
も聞く。御剣の3800円の給食費が盗まれた。「その後の御剣」も
聞く。御剣は弁護士になるはずだったんけど、あの事件のおかげで転校
した。そして数年後、また御剣の名前が出た。「鬼検事に黒い疑惑」として
な。成歩堂は御剣に会うために弁護士になったんだ。

必要ない証拠品を整理する。

移動する→「留置所」。御剣に話す→「なぜ検事に?」と「狩魔検事」。

移動する→「警察署・刑事課」。糸鋸は留守。移動する→「ひょうたん湖公園」
森へに立ち入り禁止か。

移動する→「公園・広場」→「貸しボート屋前」。星影先生と出会う。
“青春の日々はぁ‥‥青いレモンのカオリぃ‥‥”か。

移動する→「管理小屋内」。調べる→テレビの上にある緑の金庫。証拠品
「金庫の中の手紙」入手。

移動する→「貸しボート屋前」→「公園・広場」→「ひょうたん湖公園」→
「成歩堂法律事務所」→「星影法律事務所」→「留置所」

御剣につきつける→「金庫の中の手紙」。この事件に黒幕がいたのか。
あのオジさんは灰根だったのだ!話す→「灰根高太郎」。そのあと
「“悪夢”」の話も聞く。「うぐおおおおお!」の悲鳴が毎晩聞こえる
らしい。御剣は自分がDL6号事件の真犯人だと思っている。

移動する→「星影法律事務所」。話す→「御剣 信」と「霊媒」。
あとつきつける→「金庫の中の手紙」。

チミ、心当りはないかね。
この手紙、誰が書いたか‥‥?

△ 御剣 怜侍
△ 灰根 高太郎
◎ 狩魔 豪

話す→「狩魔検事」。あと「御剣信との勝負」も聞く。狩魔は不正な
証拠を使ったので唯一処罰を受けた。完璧な経歴に傷つけた。狩魔
は数ヶ月間に休暇をとったなのだ。

移動する→「成歩堂法律事務所」→「警察署・刑事課」。なんと、
狩魔検事もきてるから不安。移動する→「警察署・資料室」。

調べる→開ている引出し。狩魔に話す→「御剣のこと」と「明日の法廷」。
つきつける→「金庫の中の手紙」。狩魔の60万ボルトスタンガンにやられる。
手紙は狩魔とともになくなったが真宵はなんとか証拠品を手に入れた。
「DL6号事件の弾丸」を入手。

探偵編 三日目の終わり


法廷編 三日目
5f. Courtroom Part, Day 3

12月28日 午前9時51分
地方裁判所 被告人第2控え室

糸鋸は徹夜して、あの人を捕まえた。灰根は記憶残ってるはず。
今日はそれを証明することになる。

12月28日 午前10時
地方裁判所 第3法廷

1。灰根(オヤジ)に尋問 〜法廷からいなくなったこと〜

「昨日はその、カッテに
帰ってあの、すみませんでした。→ゆさぶる

でも、べつに
逃げたとかそういうのではなく。→ゆさぶる

サユリさんの‥‥エサをその、
買いに行っただけです‥‥。→ゆさぶる

ワシはその、この事件には
カンケイない人間ですから。→ゆさぶる

ドーキというんですか?
そんなモノもありませんし。→ゆさぶる:とにかくゆさぶる

昨日、証言したコトは
間違いありません。」

2。成歩堂くん。
この証人の名前を教えてください。

× 御剣 信
◎ 灰根 高太郎
× 生倉 雪夫

3。証人は指紋がない。薬品で指先を焼いちゃった。

4。どうだ!
それでも《尋問》すると言うのか?(オウムと)

◎ もちろんする
△ 考えなおす

5。オウムに尋問 〜飼い主の正体は?〜

「“オハヨー、オハヨー”→ゆさぶる

 うん、わかった!
 ‥‥で、何を聞こうか?

 △“何かわすれていることは?”
 ◎“お名前は?”(両方とも聞く)
 ◎“金庫の番号は?”(両方とも聞く)

“‥‥‥‥‥‥‥‥”」

6。「お名前は?」それが、管理人の正体と
何かカンケイがあるのです?

◎ もちろんある
△ それはない(またやりなおし)

オウムの名前が、管理人の正体を
あきらかにするという証拠は‥‥→「DL6号事件・資料」

オウムの名前とカンケイする
資料のページは、どれですか?

△ “事件概要”
△ “被害者のデータ”
◎ “容疑者のデータ”

狩魔 豪「我輩の孫が飼っておる
犬は“リュウ”というが

弁護士! キサマ、
ワガハイのマゴの婚約者か!」(孫はまだ7才だぞ)

7。「金庫の番号は?」まさかこの番号が、管理人の正体と
何かカンケイがあるんですか?

◎ カンケイある
△ さすがにそれはない

金庫の番号と、管理人の正体を
むすびつける証拠だ!→「DL6号事件・資料」

この資料のどこに、金庫の番号が
カンケイするというのですか?

◎ “事件概要”
△ “被害者のデータ”
△ “容疑者のデータ”

狩魔 豪「我輩のキャッシュカードの
暗証番号は“4649”だが、

これは“ヨロシク”の語呂合わせで
日付とは何の関係もない!」

8。単なる偶然は二つ重ねることはないから、管理人は事件に
関係ある。

9。オヤジの正体はやっぱり灰根 高太郎。そして彼は生倉弁護士を
殺害した、と白状する。15年前の事件を無罪をとるため、自分を
心神喪失の芝居をするハメになったんだ。

10。御剣に無罪判決を受ける(クリスマスイブの事件)

11。御剣「異議あり!」。

12。(まずい! ‥‥どうする!)

△ 異議を申し立てる
◎ 御剣にまかせる

13。無罪の被告がまったく別の罪を告白しているか。御剣は自分は
15年前の事件の真犯人と思っている。

14。5分間の休憩をとる。

12月28日 午後2時24分
地方裁判所 被告人第2控え室

御剣の話すを聞く。成歩堂は御剣が無実と信じている。まだ戦いは
終らない。

12月28日 午後2時30分
地方裁判所 第3法廷

審理再開

15。御剣に尋問 〜DL6号事件・自供〜

「私はその日、父親の法廷を
見るため、裁判所へ行った。

その帰り。地震のよって私たちは
エレベータ内に閉じこめられた。

父と灰根は、しだいに落ちつきを
なくして、争いはじめた。

そのとき、私の足もとに、何か
重いモノが当たった。

私はそれを、灰根に投げつけた。
争いを止めようと思ったのだ。

次の瞬間、1発の銃声。
そして、悲鳴が聞こえた。→つきつける:「DL6号事件・資料」

ものすごい悲鳴だった。
‥‥今でもわすれられない‥‥。

‥‥それがすべてだ‥‥。」

16。御剣 怜侍の証言と、ムジュン
しているページはどれだ?

× “事件概要”
◎ “被害者のデータ”
× “容疑者のデータ”

17。では、もう1発が、事件の際に
撃たれたという証拠はありますか?

◎ ある
△ ない

18。凶器のピストルが2発撃たれた
のが事件当時だったという証拠は?→「DL6号事件・写真」

19。(裁判長に、この写真の
おかしいところを示そう!)→エレベータドアにある弾痕

20。成歩堂くん。
‥‥いかがでしょうか?

△ 異議なし
◎ 異議あり

21。千尋「‥二発目の“弾”‥存在するはず‥」

22。千尋「‥誰かが持ち去った‥」

23。犯人には、弾丸を探す
必要があったわけですか?

△ 探す必要があった

 犯人が現場から弾丸を
 持ち去った理由は!

 × 弾丸が証拠になる
 × 用心深い性格(両方とも駄目)

◎ 必要は別にない

24。千尋「‥止むを得ず持ち去った‥」

25。千尋「‥発想を逆転して‥“持ち去った理由”では無く
“持ち去らざるを得なかった”理由を考えるの」

26。事件の関係者は誰でも怪我がなかっただが、真宵はとんでもない
ことを考えた。唯一休暇とったのは狩魔 豪だったのだ!

27。(どうしよう‥‥。
今、言うべきか‥‥!)

◎ すぐ言う
△ 切り札にとっておく(そんな暇がないよ)

28。御剣は知ってる。狩魔検事は医者など弱点つけることがないはず。
つまり、もし弾丸が当たったら、その物は狩魔の体内に残ったままだ!

29。どうかね。ワガハイが撃たれた
ことを、証明できるかね?

△ 証明は不可能

 千尋「‥“法廷記録”を‥‥何かあるはず‥」

◎ 証拠品を提示

30。狩魔検事が撃たれたことを
証明するには‥‥!→「金属探知機」(凄い発想!)

31。狩魔検事の右肩に反応した!

32。これが最後の証拠だ!→「DL6号事件の弾丸」(トドメ!)

無罪判決

12月28日 午後5時38分
地方裁判所 被告人第2控え室

矢張は御剣に封筒を挙げる。中身はなんと、3800円!
小学校の給食盗み事件の真犯人は矢張だった!

12月29日 午前5時2分
成歩堂法律事務所

真宵から手紙を見つける。真宵は自分がやくにたたないと思ってる、が
成歩堂はそう思えない。

(スネている真宵ちゃんに、
証拠を見せてあげよう)→「DL6号事件の弾丸」

おまけの一枚絵があります。

結論:クリスマスイブの事件の真犯人は灰根 高太郎
   15年前のDL6号事件の真犯人は狩魔 豪


人物ファイル

綾里 真宵 【あやさと まよい】 17歳
千尋さんの妹。
霊媒師になるために、
現在修行中。

御剣 怜侍 【みつるぎ れいじ】 24歳
検察局きっての天才検事。
有罪判決のためなら手段
を選ばない、冷酷な男。
 プロファイル更新後
 検察局きっての天才検事。
 今回の事件の被告。

糸鋸 圭介 【いとのこぎり けいすけ】 30歳
所轄署の刑事。
殺人の初動捜査を担当。
通称イトノコ刑事。

大沢木 ナツミ 【おおさわぎ なつみ】 22歳
自称“大学の研究生”。
流星の写真を撮るために
キャンプをしている。

星影 宇宙ノ介 【ほしかげ そらのすけ】 64歳
名前は“そらのすけ”。
ベテラン弁護士で、
千尋さんの師匠。

矢張 政志 【やはり まさし】 23歳
ぼくの同級生で、親友。
初めての依頼人でもある。
いつも事件を起こす男。

生倉 雪夫 【なまくら ゆきお】 48歳
この事件の被害者。
DL6号事件の弁護を
つとめた。

綾里 舞子 【あやさと まいこ】 46歳
真宵ちゃんの母親で、
霊媒師。DL6号事件後、
すがたを消した。

御剣 信 【みつるぎ しん】 (故人)
15年前の殺害された、
DL6号事件の被害者。
御剣検事の父親で弁護士。

狩魔 豪 【かるま ごう】 65歳
40年間、無敗をほこる
ベテラン検事。
御剣の師匠にあたる。

オヤジ 【おやじ】 年齢不明
ひょうたん湖公園の
貸しボート屋の管理人。
ソバ屋の主人のつもり。
 プロファイル更新後
 灰根 高太郎 【はいね こうたろう】 52歳
 DL6号事件の容疑者。
 かつての法廷の係官で、
 現在はボート屋の管理人。


証拠品ファイル

【弁護士バッジ】
これがないと、
誰もぼくを弁護士と
みとめてくれない。

【クラッカー】
パーティーグッズの定番。
糸を引けばパンと鳴る。
証拠にはならないと思う。

【ナツミのカメラ】
破裂音を探知すると
自動シャッターを切る。
湖面に向けてセット。

【死体の解剖記録】
死亡時刻は、24日から
25日にかけて。心臓に
弾丸を1発撃ち込まれる。
 書きなおした後【生倉 雪夫の解剖記録】になる
 死亡時刻は、24日から
 25日にかけて。約1m
 の距離から撃たれている。

【湖の写真】
12月25日零時15分
に自動撮影。Lボタンで
見ることができる。
 更新後
 拡大版を見ることができる。

【ヒョッシーの記事】
ひょうたん湖に現れた
カイジュウの記事。L
ボタンで写真を見られる。

【綾里 舞子の写真】
古い写真。ウラに、
《DL6号事件・資料1》
と書かれている。

【御剣 怜侍の依頼状】
依頼を受けていることを
証明する書類。

【上面図】
ひょうたん湖の上面図。
Lボタンで詳細を
見ることをできる。

【ピストルの弾丸】
死体から発見された。
22口径のピストルで
撃たれたもの。

【ピストル】
凶器。22口径で、3発
発射されている。御剣の
右手の指紋がついている。

【ナツミの証言書】
12月25日の午前零時
すぎに、2発の銃声の
ような音を聞いた。

【ミサイル】
訓練中の警察犬。
とってもかわいい、
ツブラなヒトミがウリ。

【ツリザオ】
イトノコ刑事の私物。
釣られる魚がカワイソウ
なほどの安物。

【金属探知機】
近くに金属があると
音で知らせてくれる、
ベンリな探知機。

【ボンベ】
カラのボンベ。
栓が抜けて、万国旗が
からみついている。

【もう1枚の湖の写真】
湖の他、何も写ってない。
12月24日午後11時
50分に自動撮影。

【オウム】
貸しボート屋主人の
パートナー。名前は
“サユリさん”。

【DL6号事件・資料】
事件の資料。
Lボタンでみることが
できる。

   1。事件概要

現場 地方裁判所、エレベータ内

発生 2001年12月28日

状況 発見時、エレベータ内は極度の
   酸欠状態だった。現場付近からは、
   いっさい手がかりは発見されず。

   2。被害者のデータ

御剣 信(35)

弁護士。敗訴した帰り、息子の
怜侍(9)とともに、エレベータ
内に閉じこめられた。心臓から発見
された1発の弾丸によって死亡。
ちなみに、凶器は2発撃たれている。

   3。容疑者のデータ

灰根 高太郎(37)

御剣親子とともにエレベータに
閉じこめられた、法廷の係官。
極度の酸欠状態で記憶を失う。
逮捕された直後、婚約者の
松下 サユリが自殺している。

【DL6号事件・写真】
殺人現場の写真。
Lボタンでみることが
できる。

【金庫の中の手紙】
“御剣 怜侍に復讐せよ”
手書きの文字で、今回の
殺人事の手口が書いてある。

【DL6号事件の弾丸】
御剣 信の心臓から摘出
された弾丸。線条痕は
ハッキリ残っている。

逆転、そしてサヨナラ完



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
物語粗筋
6. Story Summary
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6a. Episode 1

Defendant: Masashi Yahari
Victim: Mika Takahi
Prosecutor: Takefumi Auchi
Date: 08/03/16

Blood seeps onto the lacquered wooden floor.  A man in a purple suit stands
nearby holding a statue.  Seeing what he just did, he panics.  He decides
to pin the suspicion on someone else.  The game opens with the murder of Mika
Takahi, a model and girlfriend of the defendant.  Being the opening episode,
it is like a tutorial to help you learn the game.  You are Ryuuichi Naruhodou,
a rookie lawyer assigned to his first case.  The defendant, Masashi Yahari is
your childhood friend.  This story takes place in the year 2016, by the way.

Your superior, Chihiro Ayasato will guide you through the court proceedings.
The prosecutor, Takefumi Auchi will be the practice opponent.  Look over the
court records and read the descriptions on the vital evidence as preparation
for the case.  The autopsy record reveals that the victim was killed with a
blunt object sometime between 4 and 5 P.M.  The witness, Hoshio Yamano, claims
in his testimony that he spotted the defendant leaving the place at 2:00 P.M.
Show him the contradiction in his statement by showing the Autopsy Record of
Mika Takahi.  Then Hoshio will testify that the reason for the time
discrepancy is due to hearing the time announcement on the T.V.  He claims
there was a video tape playing.

Show him the Power Outage Record (at the time of the murder, the place had
no power from 1 P.M. to 6 P.M.) to show that there could not be a T.V. or
Video playing due to the blackout.  Hoshio then says he saw the time by
looking at the clock statue.  Show him that statue, which is in the form of
a Thinking Person.  How could Hoshio know that statue was a clock, unless
he went into the murder scene himself?  The Judge will ask you to prove that
statement.  Tell the judge to ring the clock.  The clock will say the current
time, but it is two hours behind the actual time.  That's how Hoshio knew the
time.  By striking the victim with that clock, it caused the clock to ring.

Show the Judge the reason for the two hour delay by pointing to the Passport.
The Passport shows that the victim came back from New York the day before the
murder.  Mika didn't have time to adjust the clock for the 14 hour difference
between New York and Japan.  As for the handmade clock, it didn't distinguish
between A.M. and P.M. so a 14 hour difference will turn into a 2 hours
difference for such a clock.  After that, Hoshio will break down and confess
he was the real killer.  The defendant's verdict: Not guilty.  The real
criminal: Hoshio Yamano.


6b. Episode 2

Defendant: Mayoi Ayasato
Victim: Chihiro Ayasato
Prosecutor: Reiji Mitsurugi
Date: 09/05/16 ~ 09/09/16

You visit the Office of Ayasato Law at night to discover something
amiss.  You find the corpse of your superior, Chihiro Ayasato laying against
the wall near the window.  Right next to the dead body is another woman who
is crying (it is the dead body's younger sister, Mayoi Ayasato).  A witness
screams from the hotel next door to the office.  After the police arrive,
Mayoi is arrested by Keisuke Itonokogiri, the Police Detective.  The reason
being is that the name Mayoi is written in blood on a small piece paper laying
next to the corpse.

At the detainment cell, you decide to become Mayoi's lawyer after hearing her
side of the story.  She hasn't decided yet, as there will be a public
appointed lawyer showing up in a few hours.  Before you leave, Mayoi has a
favor for you.  She wants you to get her cellular phone, which was confiscated
by the police.  You return to the crime scene to find Keisuke.  After slightly
deceiving him, you manage to get Mayoi's cellular phone, since Keisuke
couldn't find any incriminating phone numbers on that phone.  Keisuke reminds
you that at tomorrow's court hearing, the prosecutor will be Reiji Mitsurugi.
You do know who he is, right?  Reiji is the genius prosecutor who will do
anything to get a guilty verdict, including controlling testimonies and
manipulating evidence.

Next-door to the office, there is the Bantou Hotel, the place where someone
witnessed the murder.  As you search room 303, there is a suspicious drawer
with a driver stuck in it.  Before you can see what is inside, the person
staying the other room interrupts you.  Umeyo Shouchiku is her name, and she
is the witness to the murder.  As long as she's there, there is no way to find
out what is in that drawer, so you decide to pay a visit to the Law Offices of
Hoshikage.  Soranosuke is the teacher of Chihiro, and he was offered to be the
lawyer for this case.  However, he refused to take the case, not really
explaining why, other than saying that no sane lawyer would take this case.
You return to the detainment cell to inform of Mayoi of the bad news.  You
take the opportunity to become Mayoi's lawyer, since no one else will.  After
that, you return to the Bantou Hotel out of curiosity.  The Hotel Boy will
greet you and leave the room.  You quickly search the drawer that was bugging
you before and find a wiretap.  Satisfied that you have enough evidence, you
wait for tomorrow to battle in court.

At 10:00 A.M. the next day, court is in session.  The first witness is Keisuke
Itonokogiri, the police detective you met yesterday.  He testifies that he
arrested Mayoi after receiving a call from a witness in the nearby hotel.
Then he adds that there is more evidence.  The defendant's name written in
blood on a piece of paper at the scene of the crime.  Keisuke says that he
found blood on the finger of the victim, so he concluded that the victim wrote
that note before she died.  Now show him the Autopsy Record of Chihiro to show
the inconsistency in his testimony.  The autopsy shows that the victim died
instantly by a single blow of a blunt object, so she couldn't have been alive
to write that blood note in the first place.

The Prosecutor, Reiji responds by asking you, `When did get that autopsy
record?'  A pause, then you answer, `The day after the murder'.  Reiji then
says `That record is old.  The updated autopsy record shows that there was the
possibility that the victim could have alive a few moments after being hit.'
(Mitsurugi, you sly bastard)  Then Reiji brings in another witness, Umeyo
Shouchiku, the one who saw the murder.  Shake her during her testimony, and
then she will say that the figure clock was the murder weapon.  Ask her how
she knows that is a clock, since at first glance, it looks like an ordinary
statue.  The clock rang is her response.  Point out to her that the clock
could not have rang, since the machine was taken out that statue.  Reiji
throws out an objection and asks if you can prove that machine was taken out
before the murder.  If it was taken out after the murder, then Umeyo could
have heard the clock rang.

Show him Mayoi's Cellular Phone, which has a conversation recorded between the
defendant and the victim.  That conversation shows that the victim was talking
about the removed machine, and that conversation took place the morning of the
murder.  Now the question is, how did Umeyo know that the murder weapon was a
clock?  The answer is, she heard about it.  How did she hear about it?  Show
the wiretap as evidence.  Umeyo eavesdropped on the cell phone conversation.
That's how she knew that statue was a clock.  Now she is starting to sweat,
but she says she isn't the murderer.  The only thing left is to question the
Boy.

Try to shake the testimony of the Boy, but you can't find anything.  The last
ditch method is to ask about the bed making.  The Boy will reveal that there
were two people staying in that room, but he only saw Umeyo during the time of
the murder.  Although Umeyo has an alibi, the other person doesn't, so it is
too early to reach a verdict.  The Judge agrees and orders to search for more
information on this other person for tomorrow's court session.  Court
adjourned.

Now begins the detective search for more clues.  Searching Hoshigake's office,
you find two curious pictures.  Take the picture number 2, and show it to the
Boy.  He will write and oath for you to show to Umeyo.  After showing her that
oath she will reveal she is a secretary at the Kona Culture Company (if you
threaten her; if you don't threaten her, then you will have to go to
Soranosuke Hoshikage to get information about the Kona Culture).  Go to that
place to meet the president of that company, Masaru Konaka.  You notice a huge
painting in his room.  You have seen that picture somewhere else.  Yes, that
was the picture in Hoshikage's office.

When you confront Hoshikage, you suspect he is being threatened by Konaka.
That hunch turns out to be true, and Hoshikage will tell you to search the
office of Chihiro, as you may find something of use there.  After searching
the bookcase in her office, you find some newspaper articles describing the
suicide of many political figures.  Near the headers, you see the name
Konaka written in pencil.  Take those articles and show them to Konaka.
After accusing him of threatening political figures, Konaka decides to take
the witness stand tomorrow and will testify that he saw you kill Chihiro.  You
decide to be your own lawyer as you prepare for court.

The next day, as expected, Konaka takes the stand.  He testifies that he
witnessed you chasing the victim before striking.  After shaking him a bit,
he will say the victim dodged to the left before being hit.  Show him the
contradiction by pointing to Umeyo's Testimony.  Her testimony says that she
saw the victim dodge to the right.  The judge asks you if you can explain the
discrepancy in the two testimonies.  Answer by saying they both are correct.
From the hotel (Umeyo's point of view) the victim dodged right, but if Konaka
were standing in the spot of the murderer's point of view, it would look like
the victim dodged to the left!  The crowd gets excited, and the Judge has to
pound the gravel to restore order in the court.

After the crowd settles down, Konaka continues him testimony to explain the
reason for the discrepancy.  He says the victim dodged left and then got hit.
That's the part he saw.  Then with her last strength, the victim moved right
and got hit again.  That's the part Umeyo saw.  Show him the victim's autopsy
record to show the victim got hit only once, not twice as he claimed.  Now you
got him cornered.  Konaka says he heard the sound of something falling to the
floor.  That caught his attention.  He saw the victim dodge to the left, but
the attack missed.  Then the victim moved to the right and then got hit there.
Shake him to revise his testimony.  He will say that he saw the electric stand
on the floor.  Point out the bird's eye map to him to show he could not see
that stand from the hotel window.

Reiji will provide a counter argument in saying Konaka saw the electric stand
before the murder.  Konaka will say that one week before the incident, he
sneaked into the victim's office to plant that wiretap.  That's when he saw
the electric stand. You try to shake him, but you can't find anything.  Then
you see the ghost of Chihiro and pass out.  While in the waiting room, Chihiro
tells you that you have already won.  Just look at the back of the blood
letter.  On the back of that paper, you see that it is a receipt.  It shows
that she bought the electric stand (lamp) the day before the murder.  Konaka
says that he saw that lamp a week before the murder, which is impossible.

Back in court, show Konaka that receipt, which will shoot down his testimony.
Chihiro will give you a memo, which is more a list of people (the political
figures who committed suicide due to Konaka).  As you read it, Konaka will
tell you to stop.  He then breaks down and confesses that he was the one who
murdered Chihiro.  The defendant's verdict: Not guilty.  The true criminal:
Masaru Konaka.


6c. Episode 3

Defendant: Saburou Niboshi
Victim: Takeshi Ibukuro
Prosecutor: Reiji Mitsurugi
Date: 10/14/16 ~ 10/20/16

Saburou Niboshi, the actor who plays the Edo Warrior Tonosaman' (one of
Mayoi's favorite shows) becomes a suspect in a murder case.  The victim,
Takeshi Ibukuro, plays the antagonist in that show.  As you search the scene
of the murder, the Hideto Film Studio, you will run across an old woman who
won't let you search.  After getting permission from Saburou, then you can
search around.

Soon you will meet Keisuke Itonokogiri, who will give you Takeshi's autopsy
record.  It seems like the victim was murdered with some kind spear like
object.  As you try to enter Studio 1, you find it is locked with some kind
of Card Key.  You have to search the Saburou's dressing room in the Staff
Area to find the bag containing the Card Key needed to enter.  Once inside
Studio 1, you find a Staff member.  After hearing her story, go back to
visit the old woman near the front.  She will go after the staff member who
talked smack about her.  With the place empty, now is the chance to search the
computer the old woman was guarding.  Enter the security number ST1-307 to
gain access to a picture which looks like Saburou.  Take that picture as
evidence.

The next day at court, Keisuke will explain the general details about the
case.  The next witness, Kaoru Ooba (the old woman), testifies that she
saw Saburou in the front area about 30 minutes before the murder.  After
showing her that picture, then she will say that person is Saburou since she
saw Saburou injure his feet during a filming earlier that day.  She also taped
up that Tonosaman' Spear, (the murder weapon) which broke during that same
session.  Then the old woman mentions that there was one picture she did
erase, since she thought it had nothing to do with the case.  A grade school
boy snuck in the studio the day of the murder.  After the break, Kaoru says
she was muzzled by other people at the studio, including the Director and the
Producer.  This makes those people possible suspects, so court ends for day 1.

Searching the crime scene once again, you find that the staff member fixed up
the broken drainage hole.  Go ahead and break it open so that the boy who
snuck in before has a change to do so again.  When you do meet that boy,
Kyuuta Ootaki, he will quickly run away.  In doing so, a small bottle drops
from the nearby table.  The label reads Sleeping Pills.  After going back to
the front area, the old woman is gone, so search the area near the computer to
find the Cottage Key.  With this key, you can enter the locked cottage in
Studio 2.

Inside the cottage, you meet the Producer, Sakura Himegami.  She asks for a
scenario book to give to her, so she writes a note for you to give to the
Director.  Go to the Dressing Room to find the Director, Takuya Uzai.  After
giving him the note by Sakura, then go to Studio 1 and search the director's
chair to find the requested book.  Take that book and give it to Sakura, then
she will talk.  You go back to your office and Chihiro suggests that the boy
could be a lead, so we shall go look for him.

Back at the studio, the old woman is out of breath after chasing around the
little boy.  However, she managed to get a hostage to lure the boy back.  The
hostage is the Tonosaman' Trading Cards.  She gives them to you in exchange
for the Card Key.  At the Staff Area, you find the boy, but he doesn't need
those cards since he already has those cards.  He wants a rare card.  Continue
to search the place to find the Staff, Yumiko Mamiya.  Take her offer to trade
cards, and she will give you a rare card.  Take that rare card and give it
to Kyuuta.  In return, he will give you his picture book, `The Footsteps
to Glory', which contains all the pictures of the victories of Tonosaman'.

In day 2 of the courtroom, the first witness is the Director.  He says that
at the cottage, he and producer were in a meeting from noon to 4 P.M.  He
says that no one left the area during the meeting.  Shake him a bit and he
will admit they did take a short break.  After some more probing, the Judge
will ask if you insist that the cottage people went to Studio 1.  Say no to
that, then the court will take a break.

When court resumes, the prosecution will bring their second witness, Kyuuta.
He says that he got lost and when he found the studio, he saw Tonosaman'
fighting against an enemy.  Only if he had his camera, he could have taken a
picture.  Show him the Digital Camera to point out his inconsistency.  Kyuuta
never goes anywhere without that camera.  Then he admits he did have the
camera, but he didn't see the climax of the battle.  Why not?  The reason
being that camera is still new, being just recently purchased, so Kyuuta was
fiddling around with the buttons, and was not pay attention.

Kyuuta then says he was a little late in taking a picture, but he erased some
of the pictures.  Show him his own book, the Footsteps to Glory.  He always
takes pictures of a Tonosaman' victory, so why would he throw away that
picture?  That must mean that Tonosaman' lost!  That's means Tonosaman' is the
victim.  Kyuuta actually did keep one picture, which is lucky for you.  Show
the Judge what is wrong with the picture by pointing to the number 2 that is
barely visible.  This means the real place of the murder occurred in Studio 2,
not Studio 1, as once thought.  Ibukuro must have stolen the Tonosaman' suit
and made his way to Studio 2, where he was killed.  The prosecution objects
and asks if you can prove the victim stole the suit.  Point to the small
bottle (sleeping pills).  Tell them to search the bottle for fingerprints.
After giving the bottle to the judge, court will end for the day.

It time to return to the scene of the crime with the new information for one
last search.  Visit the Staff Area to find Detective Keisuke.  He will show
you that the Steak Dish was laced with sleeping pills.  Furthermore, the
bottle that contained the sleeping pills also had the fingerprints of Takeshi
Ibukuro, the murder victim of this case.  Take that information as evidence,
then continue searching around.  The Staff member will tell you that the old
woman knows more about the incident that happened here 5 years ago.

First you have to show the old woman the evidence that the victim put the
defendant to sleep.  Then the woman will give you a picture that tells what
happened 5 years ago in Studio 2.  It shows an accidental killing by the
victim, and it shows the producer who witnessed it.  Go visit the producer,
Sakura and show her that picture.  She will declare you won't make it court
by tomorrow and then she orders her bodyguards to dispose of you.  Keisuke
Itonokogiri shows up in time before that happens, and then the producer
says she'll see you in court tomorrow.

At the courtroom day 3.  As expected, the producer, Sakura Himegami takes
the witness stand.  In her testimony, she says that during the break, she ate
the bone attached steak along with the director.  Point her to the Stead Dish
to show that the dishes in front of the cottage did not have any bones left
over.  She really wasn't eating steak, but was meeting with the Tonosaman'.
Sakura asks if you think she can handle a heavy weapon like the Tonosaman'
Spear.  Answer no, since there is another way.  Show her the Spear itself to
show it couldn't have been murder weapon.  The old woman had just taped up
that broken spear earlier in the day.

So what would the real murder weapon be?  Show the judge the picture from 5
years back.  It shows someone hunched over the sharp iron fence of the flower
bed that sits in front of the cottage.  If you remember from your searches,
there was one bent section of that fence, which was real suspicious.  Now
another question arises.  Is it possible to move that body from Studio 2 to
Studio 1 in the short 15 minute time span?  The answer is yes, after you show
the Light Van.  That vehicle was used to transport the corpse.  That van was
also driven by the Director, so he becomes an accomplice to the crime.

Then, in an unexpected move, Reiji Mitsurugi wants to hear the testimony of
what she was doing after the body had been found.  Sakura says that after the
body was found, she went back to the cottage to retrieve the scenario book and
notes.  Reiji objects and says why didn't she bring those notes to the
rehearsal in Studio 1?  It is as though she already knew there was a body
there in the first place.  (that's normally the lawyer's job to object, but it
seems like even the prosector knows who the real criminal is)  She corrects
her statement and says she didn't bring those notes after she saw Ibukuro was
injured and seemed unable to perform an action scene.

Now show her the Niboshi Picture and point out that it was Saburou Niboshi
who was injured earlier.  Takeshi Ibukuro was just acting injured while inside
the Tonosaman' suit to fool everyone.  That's what she saw.  Show the picture
from 5 years ago to prove she had motive for killing.  Then the Judge asks
what was her motive?  Tell him there was no motive.  She was acting in self
defense.  The victim was the one with murderous intent.

Here's the murder scene recreated.  At about noon, the victim Takeshi Ibukuro
laced the steak of Saburou Niboshi with sleeping medication in order to put
the defendant asleep.  While Niboshi was dozing off, Ibukuro stole the
Tonosaman' suit and dressed up in it.  He knew about the injury to Saburou
since he was there at the rehearsal.  Ibukuro then hobbled his way past the
old woman at the front, as he knew about the camera that takes pictures of
people moving past the gate.

At around 2:30 P.M. Ibukuro made it Studio 2 to confront the Producer, Sakura
Himegami.  Ibukuro used to be a major star, but now he is reduced to a role as
the villain of a children show thanks to the producer.  The producer knew
about the incident 5 years back when Ibukuro accidentally murdered a cast
member at the very spot.  So Sakura was blackmailing Ibukuro the whole time,
and now Ibukuro has come with murderous intent.  In self defense, Sakura
somehow managed to get the attacking Ibukuro to fall ironically on the same
spot as the murder 5 years ago on the sharp iron fence.  This is the part
Kyuuta saw.

With the help of the Director, Takuya Uzai, the two used the Light Van to
transport the body to Studio 1, moved the body into another suit, and make
it look like Saburou did it.  This was all in the 15 minute break of the
meeting in Studio 2.  The Tonosaman' suit was burned in the incinerator in
Studio 2 since it had the victim's blood on it.  Sakura then confesses to the
murder.  The defendant's verdict: Not guilty.  The real criminals: Producer
Sakura Himegami and her accomplice, Director Takuya Uzai.


6d. Episode 4

Defendant: Reiji Mitsurugi (yes, you heard right)
Victims: Yukio Namakura and Shin Mitsurugi
Prosecutor: Gou Karuma
Date: 12/25/16 ~ 12/28/16

On Christmas Day, while watching the news, you find out that there was a
murder at Lake Hyoutan.  The suspect is none other than Reiji Mitsurugi, the
prosecutor from the past two episodes.  After paying him a visit at the
detainment cell, you offer to be his lawyer, but he rejects the offer, since
you are the last person he wants to see.  With not much else to go on, you
visit the Park of Lake Hyoutan, the scene of the murder.  Searching the plaza
area, you find a Cracker sitting on the bench.  Wondering if this can be any
use, you pick it up anyway.

In the forest area, you see a camera pointing out toward the lake.  Upon
searching the camera, it reacts to the Cracker, causing the shutter to flash
many times.  Then a woman with a Kansai Dialect scolds you for wasting film
(Natsumi Oosawagi).  Show her the Lawyer Badge and then she will help you.
You find out that she is looking for an exclusive scoop.  The camera you see
is set to automatic; it reacts to loud pops (hint, hint, like a gunshot,
hint, hint).

Afterwards, visit the Police Station to meet with Detective Keisuke.  By then,
he will have the victim's autopsy record ready for you.  Upon returning to the
scene of the crime, Natsumi will inform you that she is a witness and will
take the stand tomorrow.  Pay a visit to the plaza again to find Yahari
dressed in a Santa outfit.  He will talk about a strange monster that is
rumored to have appeared in this lake.  Dubbed the Hyosshi, it is a weird
phenomenon that seems to appear after a loud bang.  Yahari will give you the
article describing this monster.

Now visit the Law Office of Hoshikage.  Show him the autopsy record, and he
will react, since he knew who the victim was.  Yukio Namakura.  The victim
used to a lawyer here, about 15 years ago.  The DL#6 Case.  Namakura was the
lawyer in that case, with the murder victim being Mitsurugi's father.  The
police hired a Spiritual Mediator, Maiko Ayasato (Mayoi's mother) to find out
who the true murderer was.  The person she pointed to ended up not guilty,
which still is a strange mystery.  Hoshikage will give you a picture of her,
which he suggests you show to Reiji.

Go back to the detainment cell to meet with Reiji.  Show him the picture of
Maiko Ayasato.  He will open up talk.  Reiji didn't want you to find out about
the DL#6 Case, that's why he wouldn't hire you as his lawyer.  That old case
happened in 12/28/01.  That's 3 days left until the statute of limitations
take effect.  Now that you know, it's your obligation to be his lawyer, since
he did help you out in episode 3.  That and the fact nobody else would take
the case.  Show him the picture of the lake, the one that shows Reiji and the
victim on a boat on a foggy night.  Reiji will agree to hire you as his
lawyer.  He writes out a request for you to take to Detective Keisuke
Itonokogiri.  An earthquake occurs, which makes Reiji act all weird.  Visit
the Police Station to hand over the request.

The next day in court, a few moments before the trial begins, you find out the
Prosecutor for this case is Gou Karuma.  He is the teacher of Reiji Mitsurugi,
and he holds a 40 year undefeated record.  As Mitsurugi explains, all the
techniques he used were taught by Gou.  Gou Karuma is a synonym for
perfection.  The first witness, Keisuke Itonokogiri testifies about the time
he arrested Reiji.  After shaking him a bit, he reveals the evidence that
point to Reiji.  He provides the bullet extracted from victim and the pistol
that fired it.  The pistol has Reiji's right hand fingerprints and the
bullet's streak marks match that of the pistol.

After a 10 minute break, Gou calls Natsumi Oosawagi as a witness.  After
giving her testimony, Gou says there is no need to question the witness.  You
throw out an objection, in which Gou says if you don't find anything in the
questioning, he will apply the Courtroom Insult Sin upon you.  You try to
shake Natsumi's testimony, but you can't find anything relevant.  Mayoi
manages to get her to say something, but Mayoi gets arrested for disrupting
and insulting the court.  Natsumi says the person she saw on the boat was
Mitsurugi.  Show her the Lake side Picture to show that the distance and the
heavy mist could not allow her to see clearly.

Natsumi goes on to say she used binoculars to see.  Shake her to find out she
used the camera to photograph falling stars.  Show her the camera to point out
that the camera was pointed at the lake, not at the sky.  Plus that camera
reacts to loud sound, so how can that be used for falling stars?  What she
really was looking for was the Hyosshi.  Use that fact when she mentions there
was nothing left to look for when she heard a loud bang.

Natsumi then offers the Enlarged Picture as evidence after it is revealed that
Gou Karuma tried to suppress that evidence.  Now point out to the Judge what
is wrong with the picture by pointing to the hand that is shooting the gun.
It clearly shows the person is shooting with the left hand.  Show the Pistol
as evidence to show the contradiction here.  The pistol has Reiji's right
hand fingerprints, but the picture shows the gun is being held in the left
hand.  The only explanation is the victim himself is the one shooting.
Considering the one meter distance, however, the possibility of suicide is
eliminated.  The Judge rules there is insufficient evidence for a verdict.
This ends the first day in court.

Before going back to the murder scene, go back to the detainment cell to meet
Mayoi.  What?  Mitsurugi posted bail?  Now just visit Itonokogiri to finish
out the paperwork to free Mayoi.  Back at the scene of the crime, Natsumi will
appear and say that she help you in exchange for information on the Hyosshi.
Take her offer, then visit the Police Department, Detective Division to find
Itonokogiri.  He will offer you some items to help in your search.  He has
Missile, the Police Dog, an old Fishing Rod, and a Metal Detector.  Take the
metal detector (which may be more important than you think) and visit the
Rental Boat Cabin near the lake.

The detector will chirp, alerting you of a metal presence.  Mayoi will search
out the bushes near the back of the cabin.  As a result, she will hold up an
empty Bombe that is wrapped up in a string of national flags.  Take this
Bombe and confront Yahari, the guy who is maintaining a huge Tonosaman' Float
in the plaza area of the park.  After finding out Yahari used the Bombe to
inflate that float, it is revealed the Bombe made a loud pop sound and the
float took off like a rocket.  Yahari says it took a couple of days to find
the float in the middle of the lake.  Christmas Eve, the day of the murder, is
when he found it.

With this information, you now know what the Hyosshi is.  Go to the forest
area to meet up with Natsumi.  Show her the Bombe and explain to her that is
the Hyosshi.  Disappointed, she gives up another picture.  It is just a plain
picture of the lake, but the important part is that the picture was taken
on Christmas Eve at around 11:50 P.M.  This means a loud bang occurred at that
time, since her camera is setup that way.  Take this picture as it is valuable
evidence.

Now visit the manager's cabin at the rental boat shop.  Here you meet a
strange old man that seems way out of it.  Just show him your Lawyer Badge and
he will talk if you promise to take over the `Long Living Hermitage Noren'
noodle shop.  Notice that he has a parrot that he uses to keep important
information.  The parrot only responds when asked `Sayurisan, Sayurisan'.
Show him the Lake side Picture and he will say he witnessed the happenings on
the boat.

Go to the Police Station again and show Itonokogiri the Parrot.  He will then
allow you to enter the Police Reference Room to look for materials on the
DL#6 Case.  Reading the Case Outline, you find out the case took place on
12/28/01, inside the courtroom elevator.  There was an extreme lack of oxygen
and no contacts were found anywhere nearby.  The Victim Data shows that the
person murdered was Shin Mitsurugi (35), a lawyer.  On the way back after
losing a case, he got stuck inside the court elevator along with his son,
Reiji (9).  The cause of death was a single bullet that was pulled from the
victim's heart.  Incidentally, the murder weapon was shot twice.

Reading the Suspect Data, you find out the name Koutarou Haine (37).  He was
in the elevator along the Mitsurugi family and was a court official at the
time.  Due to the extreme lack of oxygen, he lost his memory.  Following the
arrest, his fiance Sayuri Matsushita committed suicide.  With this
information, you take the materials and the picture from the DL#6 case as
evidence as you wait for the day to end.

The next day, the 27th, the old man you saw in the rental boat cabin takes
the stand as a witness.  In the testimony, he describes about the two shots
after midnight and the part where he saw someone pass in front of the cabin
after returning the boat.  Shake him a bit and he will mention that person
was the defendant, and the defendant was talking to himself wondering if he
really did shoot somebody.  The crowd gets noisy and the judge has to settle
them down.  This doesn't look good, and you can't think of anything to counter
with.  The Judge sees no need to continue the trial and he gives the Guilty
verdict to Reiji Mitsurugi.  This is where Yahari jumps in and interrupts the
trial with a plea to hear his testimony.  The Judge reverses his guilty
verdict, and allows Yahari to testify.

After a five minute break to settle things down, court resumes.  This is a big
chance for you, since Gou Karuma didn't have much time to coach the witness.
It's Yahari.  He is sure to have holes in his testimony.  Yahari says he was
there the night of the incident.  He took a boat out to the middle of the lake
to search for that lost Tonosaman' float.  After stealthily returning the
boat, he heard a gunshot.  He didn't think much of it and then went home.
Show him Natsumi's testimony to point out the inconsistency between the two
stories.  She said she heard two shots, while Yahari says he heard only one
shot.

Continue to hear him out.  Yahari says he was lonely out there on Christmas
Eve, so he was listening to a request program on the radio.  Although it was
at a real loud volume, he could still heard the gunshot.  He remembers clearly
what the DJ said at the time.  Shake him to reveal an important description.
The DJ said that Christmas was just around the corner.  That's when he heard
the shot.  Show him the Lake side Picture.  That was the two shot one that
occurred at 12:15 A.M. Christmas Day.  So the shot Yahari heard was on
Christmas Eve.

Yahari did hear a shot before midnight.  Show the other picture of the lake.
That one was taken at 11:50 P.M. Christmas Eve.  Can you prove that sound was
a gunshot and not some other loud pop?  The answer is yes, show the pistol.
The evidence shows that gun was fired 3 times.  One shot at 11:50 P.M. and
two more shots at 12:15 A.M. with a 25 minute difference between shots.  Then
the question becomes, who are the two people on the boat?  The answer is
Mitsurugi and the real criminal.  What is the criminal's name?  You wouldn't
know since the rental boat manager never said his name.

Looking at the bird's eye map of the area, point out the boat cabin to the
Judge to show the real place of the murder.  So the real criminal who shot
the victim was the old man at boat cabin.  Why did he have to shoot twice?
To create witnesses on the first shot, missing the target of course.  The
second shot also missed.  The criminal jumped into the water at the second
shot to make it look like being hit while leaving the gun in the boat.
Meanwhile, Mitsurugi, in a daze, picked up the gun with his right hand without
thinking.  That's how Mitsurugi's fingerprints got on the weapon.  The Judge
orders the old man from the boat cabin back on the stand, but he is nowhere to
be found.  With no other choice, the Judge orders the end of trial for the
day.  Tomorrow will be the last day no matter what.

Back at your own office, talk to Yahari.  He will have a reminiscence about
the elementary school trial in the fourth grade.  That was the short one
year that Ryuuichi, Yahari, and Mitsurugi were together.  Someone stole
Mitsurugi's lunch money of 3800 yen.  All the evidence pointed to Ryuuichi
as the culprit, but only Yahari and Mitsurugi were on Ryuuichi's side.  Back
then, Mitsurugi was going to be a lawyer, like his father.  After the DL#6
Case, something changed in him.  Mitsurugi moved another school, and Ryuuichi
hasn't seen him until recently.  When Ryuuichi heard that Mitsurugi (the
`Devil Prosecutor, the Black Suspicion') was a prosecutor, Ryuuichi became
a lawyer in hopes of meeting Mitsurugi.

After sorting out the evidence, go back to the scene of the crime.  When you
visit the rental boat cabin, you find Soranosuke Hoshikage there.  He will
immediately return to his office.  What could bring him here?  Enter the
cabin, which is empty as expected, except for the old man's parrot.  Find the
combination number of the green safe by talking to the parrot.  1228 is the
number.  Could that be a coincidence?  Inside the safe is a letter describing
the murder as shown in court yesterday.  It says to get revenge against Reiji
Mitsurugi.

Take this letter and visit Hoshikage at his office.  Show him this letter and
he will be shocked that he recognizes the handwriting.  Can you guess who
wrote this letter?  The answer is Gou Karuma, the prosecutor.  Karuma had a
flawless record until he met Shin Mitsurugi.  Although Karuma won the court
battle, Shin accused Gou of using tainted evidence.  The court agreed with
Shin and Gou had to be punished.  Gou took a few months off which was his
first and last break.  However, Shin ruined his perfect record.

Go back to the detainment cell and show Reiji the letter from the safe.  He
will then realize the old man from the boat cabin was Koutarou Haine, the
court official who was stuck in the elevator with him in that incident.  That
event ruined Haine's life, making him mentally unstable.  Mitsurugi then tells
you about the nightmare he has every night.  A scream he will never forget.
Mitsurugi then ponders the possibility that he himself could have been the one
who killed his own father.  In that tight elevator with not much air, his
father and Koutarou were arguing about not wasting oxygen.  In a effort to
stop their fighting, Reiji picked up a gun (Koutarou's) that fell to the floor
and threw it.  The gun went off and Reiji can't remember the rest.

Visit the Police Station and you find out that Gou Karuma is somewhere in the
building.  Look in the reference room and you see that the evidence from the
DL#6 Case are missing.  You find Karuma there.  Show him that letter from the
safe and he will get angry and say the receiver should have burned that
letter.  Then he will thank you for bringing that to him, and then Gou pulls
out a 600,000 Volt stun gun.  He shocks you and Mayoi to unconsciousness.
When you come to, you find something in Mayoi's hand.  She jumped Gou and got
something before getting shocked.  It is the bullet from the DL#6 Case, a
piece of evidence Gou was probably trying to destroy.  Seeing the bullet as
your slim chance of victory, you grab it as you get ready for court tomorrow.

The next day, you find out that Itonokogiri has captured the old man, spending
an all nighter to do so.  The old man is the first witness of the day.  He
claims that he has nothing to do with this case and he doesn't have any motive
to kill.  After an unsuccessful probing of the witness, the Judge wonders what
your intentions are.  You are trying to prove the guy on the stand is Koutarou
Haine, someone who does have something to do with this case.

You have a suggestion to reveal the old man's identity.  You ask to search the
man's fingerprints.  However, the man doesn't have any prints due to the fact
he burned off his fingertips with chemicals.  There goes that plan out the
window.  Gou Karuma gives a smirk and taunts you.  `What are you going to do?
Question the parrot?'  Although he is half joking, seeing that you have no
other lead, you have no choice but to take on his challenge.

All the parrot says is `Good morning, good morning'.  Shake her and get her
to say her name.  Sayuri, Sayuri.  Does this name have any significance?  Yes,
point to the DL#6 Case Materials.  Where?  Look at the Suspect Data.  The name
of Koutarou's fiance was Sayuri Matsushita.  Gou objects, saying that is a
coincidence.  So now shake the parrot to get her to say the combination number
to the safe.  1228.  Does this number have any significance to the case?  Yes,
once again point to the DL#6 Case Materials.  Where?  Look at the Case
Outline.  The date of the case was 12/28/01.  Gou objects, saying that is a
coincidence.  However, the Judge says separately maybe, but together, the two
facts prove the suspect's identity.

The witness then stops the act and reveals that he indeed is Koutarou Haine.
He admits to killing Yukio Namakura, which was his lawyer 15 ago.  Namakura
only cared about winning and didn't trust his clients.  In order to get the
not guilty verdict, Koutarou had to put on an act, faking his mental
instability, which ended up ruining his life.  With this confession, Reiji
Mitsurugi gets the not guilty verdict for the Christmas Eve murder.  The
story is finally over.

Objection!  Who said that?  The voice is none other than Reiji Mitsurugi
himself!  He feels that he is not completely innocent.  There is that one
nightmare that still haunts him.  He thinks it is possible that he was the one
who killed his own father 15 years ago.  After a five minute break, court
resumes.  The Judge decides to reopen the DL#6 Case, since today will be the
last day before the statute of limitations takes effect.  It's time to tie up
those loose ends of that 15 year old case.

Mitsurugi gives his testimony about what happened that day.  Seeing his father
and Koutarou fighting over oxygen in that cramped elevator, that prompted him
to pick up the gun dropped by Koutarou and throw it.  After hearing one
gunshot, Mitsurugi also heard a scream that he will never forget.  Now point
out to him the DL#6 Case Materials.  Gou will ask where, so show him the
Victim Data.  It says that the murder weapon was fired twice, but Mitsurugi
only heard one shot.  Gou will ask if you can prove that the weapon was fired
on that day.  Show him the DL#6 Case Picture.  The Judge will ask that you
point to him what's wrong with the picture.  Point to the bullet hole in the
elevator door.

This makes the possibility that the real criminal came in from the outside.
Now the question becomes, what happened to the second bullet?  One bullet was
found inside the victim's heart.  It would be strange for the police to miss
searching the area thoroughly.  However, only one bullet was ever found.
Before you have a chance to think, a strange, but familiar feeling overtakes
you.  What's happening now?  Are you hallucinating?  You start hear Chihiro's
voice.  She says there is a second bullet, and that someone carried it away.

The Judge asks if the criminal had to search for that bullet.  The answer is
searching for it was not necessary.  Chihiro says it was inevitably carried
away.  She tells you to reverse the concept.  Don't think why was it carried
away.  Instead, think what is to gain from not carrying it away?.  Think.
Your hopes are resting on cryptic clues.  Here is a hypothetical.  What if the
bullet got lodged in the criminal's body?  Then the criminal wouldn't have to
search for the bullet and just walk away with the evidence.

Suddenly, Mayoi gets an outrageous thought.  Remember yesterday when Hoshikage
told you about the only time Gou Karuma took a few months off?  Why would a
perfectionist like him do that?  Maybe to heal a wound caused by a bullet?
Now you have a suspect.  The Judge says to tell the court what you have in
mind.  You spit out the new suspect in the case, the Prosecutor Gou Karuma.
What are you going to do now?  Search for the doctor that tended to Karuma?
Mitsurugi tells you that is useless.  Being Karuma's student, Mitsurugi says
that Gou Karuma would not expose himself to weakness like a doctor.  If there
was a bullet somewhere in Gou's body, it would still be there.

Gou Karuma will challenge you to see if you can prove he was shot.  Show him
the Metal Detector.  That right there is the game's biggest reversal.  Gou
Karuma venomously objects, but the Judge overrules him.  Karuma is sweating
profusely while holding his right arm.  The metal detector goes crazy at
Karuma's right shoulder!  There is a bullet in Karuma's shoulder, but Karuma
explains that wound was sustained before the DL#6 Case.  Show him the final
evidence, the bullet from the DL#6 Case (the evidence Gou tried to destroy
yesterday).  If this bullet and the bullet in Gou's shoulder have the same
streak marks, then it would mean those bullets came from the same gun.  The
one used in the murder of Shin Mitsurugi.

After delivering the finishing blow, Gou Karuma lets out a scream.  When
Mitsurugi hears that scream, he immediately recognizes that scream as the one
in his nightmares!  When Mitsurugi threw that gun to stop the fighting inside
the elevator, the gun went off.  The bullet pierced the elevator door and hit
Gou Karuma.  Karuma happened to be standing at the door, and when the door
opened, Karuma saw three passed out people.  Karuma took the gun that was
laying on the floor, shot Shin Mitsurugi, then walked off with the one bullet
lodged in his right shoulder.  Now you see Karuma banging his head against
the wall.  Karuma's perfection was ruined by the Mitsurugi father and son
combination.

The Judge hands out the Reiji Mitsurugi's verdict.  Not guilty.  Back at the
defendant's waiting room congratulations come from a variety of people.
Yahari gives Mitsurugi a sealed envelope.  Inside is 3800 yen.  You realize
that Yahari was the one who stole Mitsurugi's lunch money back in the fourth
grade.  Mitsurugi already knew the fact that in the shadows of a case, there
is always Yahari.  The next morning you find a letter from Mayoi.  You rush
out to the train station, hoping to catch her before the train leaves.  You
manage to do so, but Mayoi is sulking.  She thought she was of no use
yesterday.  Show her the bullet from the DL#6 Case.  That was the piece she
grabbed before getting shocked.  It help put the finishing blow on Gou Karuma.
Mayoi cheers up and says she will continue her training as a spirit mediator
by returning to her hometown.  She promises to come back to the office as soon
as she can.  End of the story.  Conclusion: The real criminal for the
Christmas Eve Case was Koutarou Haine.  The real criminal for the DL#6 Case
was Gou Karuma.

Are there any secrets in this game?  None that I know of.  There are rumors of
a hidden 5th episode, but I haven't found it.  Enjoy the game.



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
用語集
7. Glossary
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

These are the common terms used throughout the game.

異議 【いぎ】
〜あり! Objection!
〜を却下する 【きゃっかする】 Objection Overruled.  Answer the question.
〜を認める 【みとめる】 Objection Sustained.  Don't answer.

移動する 【いどうする】 Move around.  Used the Detective part.

依頼人 【いらいじん】 Client.  The person you are defending.

解剖記録 【かいぼうきろく】 Autopsy Record

係官 【かかりかん】 Court Official

凶器 【きょうき】 Murder Weapon

休憩 【きゅうけい】 Break.  Usually 10 minutes or so.

食らえ! 【くらい】 Take this!

警察署 【けいさつしょ】 Police Station

刑事 【けいじ】また【デカ】 Police Detective

検察 【けんさつ】 Prosecutor

検事 【けんじ】 Prosecutor.  The Lawyer's rival.

午前10時 【ごぜんじゅうじ】 10:00 A.M. The official time court begins.

裁判長 【さいばんちょう】 Judge

殺人事件 【さつじんじけん】 Murder Case

事務所 【じむしょ】 Office of wherever

調べる 【しらべる】 Search.  The main method of finding clues.

真犯人 【しんはんにん】 The True Murderer

尋問 【じんもん】 Question a witness.

証拠品 【しょうこひん】 Evidence.  The main weapon to use in court.

証言 【しょうげん】 Witness Testimony

勝訴 【しょうそ】 Court Case Victory

証人 【しょうにん】 Witness

上面図 【じょうめんず】 Bird's Eye Map

審理 【しんり】 Trial

静粛! 【せいしゅく】 Order in the Court!  Used by the Judge.

捜査 【そうさ】 Police Investigation

逮捕 【たいほ】 Arrest a suspect

探偵 【たんてい】 Detective

突き付ける 【つきつける】 Stab Evidence At.

提示 【ていじ】 Exhibit Evidence

動機 【どうき】 Motive for killing

成歩堂 龍一【なるほどう りゅういち】 Ryuuichi Naruhodou.  Main Character.

敗訴 【はいそ】 Court Case Defeat

話す 【はなす】 Speak to people.  The best way to gather information.

犯行 【はんこう】 Crime

被害者 【ひがいしゃ】 Victim.  Usually by murder.

被告人 【ひこくにん】 Defendant

弁護士 【べんごし】 Lawyer

法廷 【ほうてい】 The Courtroom

冒頭弁論 【ぼうとうべんろん】 Opening Argument.  Used by the Prosecutor.

待った! 【まった】 Wait a Second!

無罪 【むざい】 Not Guilty

矛盾 【むじゅん】 Contradiction in the testimony.

目撃者 【もくげきしゃ】 Murder Witness

有罪 【ゆうざい】 Guilty

揺さぶる 【ゆさぶる】 Shake Witness

容疑者 【ようぎしゃ】 Suspect in the Case.

霊媒師 【れいばいし】 Spirit Mediator.  The Ayasato family's expertise.

留置所 【りゅうちじょ】 Detainment Cell



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
更新履歴
#. Update History
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

11/02/02: Version 1.00 一応完成



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
終了
end of text